日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 奈良美智もご立腹! “イルカの絵”画家クリスチャン・ラッセンは、なぜヤンキーにウケるのか

奈良美智もご立腹! “イルカの絵”画家クリスチャン・ラッセンは、なぜヤンキーにウケるのか

lassen.jpgクリスチャン・ラッセン公式サイトより

 9月末頃からネット上で話題となった、現代美術家・奈良美智のTwitter激怒騒動。事の経緯は、「ギャラリーセラー」のディレクター・武田美和子が鼎談で「奈良さん好きな人とラッセン好きな人は同じだと思う」と発言し、実況ツイートを見た奈良が「武田さんの発言は、なんだか心外だなぁと思います(中略)ほんとにそうだったら、発表を辞めます。本気で」「つうか、俺、ラッセン大嫌い」などと反論したのだ。

 ご存じだとは思うが、ここで名の挙がったラッセンとは、神秘的なイルカの絵で知られるアメリカの画家クリスチャン・ラッセンのこと。奈良氏は同じくTwitterで、ラッセンについて「ああいう平和頭の理想的自然志向は理解できない。自分はもっとリアルな現実という壁に向かって立っている」と批判したが、実は武田氏の発言は“作風や作家としての姿勢”を同じだと言ったわけではなく、“マーケティングのプロモーションが同じ”と意見したもの。とはいえ、ラッセンと販売契約を結ぶアールビバン社は強引な販売手法で知られており、奈良氏にとってはマーケティングが同じと言われるのも心外に違いない。

 もちろん、奈良のファンたちもこの騒動に対し、「奈良さんとラッセンを同列にするなんて、ひどい話だ」「奈良さんとは対極にいると思いますけど?」と擁護。ラッセンのすさまじい嫌われっぷりがあらわとなった。しかし、なぜここまでラッセンは嫌われるのか? 先日発売された『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」』(フィルムアート社)から、その理由を考えていこう。

 まず、ラッセンとはいかなる人物なのかを軽く紹介しよう。ラッセンは1956年生まれで、現在57歳。最初に脚光を浴びたのは弱冠17歳、しかしその時は美術家としてではなく、サーファーとして、雑誌のカバーを飾ったり、テレビに出演するなどメディアに登場したのだという。20代になって絵画の世界で、「イリュージョナル・リアリズム」と呼ばれる作風を確立し、89年に日本でのエージェントであるアールビバンと契約を結び、一気に人気を博すように。バブル期には、あのイルカの絵がリビングやベッドルームに飾られていることが、若者の間で一種のステイタスシンボルとなった。さらにその後、アールビバンは全国で原画展を開催し、その人気は都市部から地方にも飛び火。「都市文化よりも地方や郊外の文化との親和性」を高めたという。

 ちなみに、05年にはパチンコメーカーとコラボレーションしたり、06年の来日時には「AV女優とホテル密会」をフライデーされたことも。さらに、ラッセン自身が愛するものとして挙げているのが「海、サーフィン、高級車、有名ブランド(ヴィトン含む)、美食、マウイの豪邸」と、画家イメージから遠く離れた、世俗まみれの成り上がりぶりが全開。これに対し、精神科医の斎藤環氏は「(ラッセンの)成金趣味は、日本においては『成功したヤンキー』のそれとほぼ重なる」と指摘し、元・美術家の大野左紀子氏も、ラッセンが日本で人気を得た理由を「日本人のヤンキー心に訴えたからではないか」と分析している。


12

奈良美智もご立腹! “イルカの絵”画家クリスチャン・ラッセンは、なぜヤンキーにウケるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

9月末頃からネット上で話題となった、現代美術家・奈良美智のTwitter激怒騒動。事の経...
写真