日刊サイゾー トップ > 連載・コラム >  パンドラ映画館  > ティーンエイジ窃盗団のいつかキラキラする日!? ソフィア・コッポラ監督作『ブリングリング』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.251

ティーンエイジ窃盗団のいつかキラキラする日!? ソフィア・コッポラ監督作『ブリングリング』

blingring_03.jpgセレブ宅から盗み出したブランド品を白昼堂々と売り出す、怖いもの知らずのキラキラ窃盗団。被害総額は300万ドルにも及んだ。

 デビュー作『ヴァージン・スーサイズ』(99)から、東京を舞台にした『ロスト・イン・トランスレーション』(03)、ガーリーな視点で描いた歴史もの『マリー・アントワネット』(06)、自伝的要素の強い『SOMEWHERE』(10)と一貫して鳥籠の中でしか生きられないカナリアの憂いを描いてきたソフィア・コッポラ監督。父親であるフランシス・フォード・コッポラ監督は油絵でどっしりした人物描写する感があるが、セレブ育ちのソフィア・コッポラ監督はパステル画タッチの繊細な小品が得意。だが、ワイドショーを賑わした事件を題材にした今回はちょっと趣きが異なる。英国女優エマ・ワトソン以外は無名の若手俳優をキャスティングしている本作は、淡いパステル画というよりはガチャガチャしたグラフィックアートを思わせる。キラキラ窃盗団があまりにもペラペラすぎるからだろう。感情移入する余地がない。主人公のモデルとなった彼らが即物的なら、本作もまた非常に表層的で即物的な作品に仕上がっている。

 本作には実録犯罪ドラマの必須要素である犯罪者のドロドロとした情念はどこにもなく、被害者側の肉体的および精神的な苦痛が描かれることもない。犯罪者に罪の意識はほとんどなく、また被害にあったパリス・ヒルトンに至っては犯行現場となった自宅をロケ場所として提供している。犯行に及んだ主人公たちが自分たちなりのケリをつけるカタルシスも本作には存在しない。この空虚さ、空っぽさ加減は一体なんだろうか? ソフィア・コッポラ監督が本作で描きたかったことは、多分この空っぽさそのものなんだろう。

 キラキラと輝いて見えるけど、その中身はまるで空っぽ。それが『ブリングリング』で描かれる世界の正体だ。本作の公開をいちばん喜んでいるのは、キラキラ窃盗団のメンバーとパリス・ヒルトンら事件の当事者たちに違いない。
(文=長野辰次)

blingring_04.jpg
『ブリングリング』
原作/ナンシー・ジョー・セールズ 脚本・監督/ソフィア・コッポラ 撮影/ハリス・サヴィデス、クリストファー・ブローヴェルト 出演/エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール、タイッサ・ファーミガ、レスリー・マン 配給/アークエンタテインメント、東北新社 +R15 12月14日(土)より渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー (c)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved 
<http://blingring.jp>

最終更新:2013/12/12 18:00
123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真