日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キスマイ藤ヶ谷の評価が急落

「先輩を呼び捨て」……Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔の評価が急落中! KAT-TUNの二の舞いに!?

51gVqXqOYfL.jpg『仮面ティーチャー Blu-ray BOX豪華版』(バップ)

 3月26日に、初のシングルコレクション・アルバム『HIT! HIT! HIT!』(avex trax)をリリースするKis-My-Ft2。その中でも、映画『仮面ティーチャー』に主演するなど、グループで一番プッシュされているといわれる藤ヶ谷太輔に対する評判が、ここのところ急落しているという。


「先日、フジテレビの『もしもツアーズ』に彼が出演した時のことです。ロケ中にファンが彼に気づき、それを無視したのは彼のキャラクターなんでしょうけど、そういったファンの前で、先輩である三瓶さんを『おい、三瓶!』って呼び捨てしたり、顔やおなかをペチペチと叩いたりしていたんです。三瓶さんも大人ですし、もちろん冗談でやっているのもわかっているので何も言いませんでしたが、見ているほうからすれば、先輩をナメてるようにしか見えませんでしたよ」(番組スタッフ)

 こういった“ちょいワル”なところが彼の魅力なのかもしれないが、それと礼儀とはまた別問題である。

「以前主演したドラマでも、収録の合間にサーフィンに出かけて日焼けをし、『シーンがつながらない』と怒られたにもかかわらず、その後も何度もサーフィンに行くなど、当たり前のことも当たり前にできない。急激なブレークに、教育が追いついていないんでしょうね」(芸能事務所関係者)

 彼らがブレークした背景には、SMAPのチーフマネジャーである飯島女史の管轄下にあるということが大きいという。

「やはりSMAPとバーターで営業されると、断るわけにはいきませんからね。特に藤ヶ谷クンは木村拓哉さん、草なぎ剛さん、どちらのドラマにも出ています。それを、自分の実力だと勘違いしているのかもしれませんね。最近も、雑誌のインタビューで『職業は?』と聞かれて、『ジャニーズです』と答えていましたからね。まだ実績もないのに、言うことだけ大きいと世間から反感を買うことになりますからね。来月からは、関東ローカルで放送していたKis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)も全国放送に昇格するので、ここらへんでもう一度、彼を再教育したほうがいいかもしれません」(テレビ局関係者)

 Kis-My-Ft2 は“ポストSMAP”の呼び声もあるだけに、関係者への礼儀を欠いて失敗したKAT-TUNの二の舞いは避けたいところだ。

最終更新:2014/04/01 08:00
こんな記事も読まれています

「先輩を呼び捨て」……Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔の評価が急落中! KAT-TUNの二の舞いに!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

3月26日に、初のシングルコレクション・アルバム『HIT! HIT! HIT!』(ave...
写真