日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、今年も紅白出場か

『紅白』今年のテーマ「歌おう。全員参加で!」に、“CDがさっぱり”の和田アキ子、浜崎あゆみも一安心!?

kouhaku1218.JPG昨年の『NHK紅白歌合戦』番組サイトより

 出場歌手の発表が2週間後と迫った『NHK紅白歌合戦』。今年の番組テーマは、「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。NHKの番組サイトでは、早くも「歌おう。あなたも私も君も僕も、高校生もサラリーマンも家族もカップルも、子どもたちもおじいちゃんもおばあちゃんも、全員参加で!」と盛り上げている。

「今回のテーマが、目玉企画である『アナと雪の女王』コーナーを意識したものであるのは自明。昨年の『あまちゃん』コーナー同様に、『アナ雪』の声優陣がリレー形式で劇中歌を歌うほか、客席を巻き込んでの『Let It Go~ありのままで~』の合唱企画が持ち上がっているそうです」(芸能関係者)

 また、このテーマには、もう一つの意味が含まれているという。

「『全員参加で!』と言うからには、みんなが知っている歌でなければならない。すなわち、今年は例年以上に“今年のヒット曲”にこだわらず、懐メロでも許されるということです。ヒット曲が生まれにくい現代らしい処置といえますが、それ以上に番組側にとって、ヒット曲のない大物歌手への配慮として都合がいいのでしょう」(同)

 確かに、近年ヒット曲がない上、NHKに貢献している様子も見られない歌手が、出場回数だけ伸ばし続けるケースは少なくない。その代表格といえるのが、1986年から連続出場を果たし、トリを務めることも多い和田アキ子だろう。最近は「CDを1,000枚売るのがやっと」といわれる和田。先月29日にリリースした新曲「すばらしき人よ」(ユニオン)も、作詞とジャケットをさくらももこが手掛け話題になったものの、ヒットにはほど遠い状況だ。

 14年連続出場中の浜崎あゆみも、反感を買っている歌手の1人。2008年以降、5年連続で紅組のトップバッターを務めているが、これは番組史上最多記録。浜崎サイドの思惑が反映された記録であることは明らかだが、今年は10月に発売されたシングル「Terminal」(avex trax)が、初週売り上げ2,889枚と大惨敗。いよいよトップバッター記録の更新が危ぶまれているが、一方で、今年の番組テーマに倣い、「evolution」など全盛期のヒット曲で乗り切る可能性も。

 出場歌手の発表は、例年通りであれば今月25日前後。今年も波乱を呼びそうだ。

最終更新:2014/11/11 19:30
こんな記事も読まれています

『紅白』今年のテーマ「歌おう。全員参加で!」に、“CDがさっぱり”の和田アキ子、浜崎あゆみも一安心!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

出場歌手の発表が2週間後と迫った『NHK紅白歌合戦』。今年の番組テーマは、「歌おう。おお...
写真