日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 沢尻ドラマがドン底5.1%

沢尻エリカ『ファーストクラス』が“ドン底”5.1%……好評前作から「何を間違えたのか」

sawajiri1127.jpg

 ファッション業界を舞台に、女性同士の足の引っ張り合いを描く同作。4月クールで深夜に放送された前作は、「面白い!」と熱い支持を獲得。視聴率も伸びを見せ、最終回では23時台ながら2ケタと大健闘した。

 しかし今回は、初回視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から、第3話で早くも5.8%までダウン。その後、7%台まで持ち直したが、第6話で再び5.8%を記録。さらに最新回の第7話では、シリーズ最低となる5.1%まで落ち込んでしまった。

「今作は、大幅に増やしたキャストが不評。パワーアップのベクトルを間違えたせいで、『女性キャストに、無用な配役が多すぎる』『男性キャストたちに魅力がない』という声が殺到している。設定段階で失敗してしまったため、起死回生は期待できないかもしれない」(芸能ライター)

 視聴者の感想をうかがうと、「内容が単純につまらない」「沢尻さんの演技がひどすぎて、見ていてしんどい」「前作と雲泥の差」と辛らつな言葉が目立つ。

 前作と比べ、なぜここまでの差が生まれてしまったのだろうか?

「前作からわずか4カ月ぶりの新作ですが、プロデューサー、監督、音楽担当……と、ほとんどのスタッフを一新。また、前作はフリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻としても知られる渡辺千穂が脚本を手掛けましたが、今回は前作でプロデューサーだった男性スタッフが手掛けている。ここまで制作陣が変われば、別物になるのは当たり前。視聴者の評価が変わっても、不思議ではありません」(同)

 シーズン2といいながら、その正体は“別物”の『ファーストクラス』。最終回へ向け、挽回を図ることはできるだろうか?

最終更新:2014/12/09 23:00
こんな記事も読まれています

沢尻エリカ『ファーストクラス』が“ドン底”5.1%……好評前作から「何を間違えたのか」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

ファッション業界を舞台に、女性同士の足の引っ張り合いを描く同作。4月クールで深夜に放送さ...
写真