日刊サイゾー トップ > 芸能  > 桑田、前田、国生元夫にモヤモヤ
週末芸能ニュース雑話

右翼出動でサザン・桑田謝罪、前田敦子が風俗嬢に、国生さゆり元夫に詐欺容疑……モヤモヤする芸能界

 ベテランデスクTと新米記者Hが、今週の芸能ニュースを振り返ります。

右翼出動で、サザン・桑田佳祐が謝罪

sazan0116.JPG『SUPER SUMMER LIVE 2013 “灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!” 胸熱完全版』(ビクターエンタテインメント)

デスクT オーエス! オーエス!

記者H T先輩、何してるんですか?

デスクT 5年後の東京五輪に、綱引きが100年ぶりに種目として追加されるっていうから、自主練しようと思って。綱引きなら、今からでも間に合うっしょ。オーエス! オーエス!

記者H 日本綱引連盟が名乗りを上げたばかりで、採用されるかどうかはまだ分かりませんよ。それに、綱引きを甘くみないでください!

デスクT めんご。じゃあ、サザンオールスターズの桑田佳祐が発表した謝罪文の話をしようぞ。

記者H そうですね。桑田は15日、公式サイト上で先日の年越しライブについて、お詫び文を発表。全文はこちらです。

デスクT 超真面目に謝ってるね。桑田って、年越しライブで紫綬褒章をジーンズのポケットから取り出して客に見せびらかしたり、伝達式での天皇陛下のモノマネをしたり、「ピースとハイライト」の歌唱中に“×印”がつけられた日本国旗や、「中國領土 釣魚島」と書かれた旗の映像を流して大炎上したんだよね。

記者H 11日には、所属事務所・アミューズの前で、右翼系団体による抗議活動が行われるまでに騒ぎが拡大。警察が出動しましたから、桑田も早く収めたかったのでは?

デスクT ふ~ん。せっかく、サザンのファンを公言している爆笑問題の太田光が、13日深夜にラジオで「『ピースとハイライト』を、なぜ安倍政権批判と思うのか不思議だ」「桑田佳祐がどんだけ日本を明るくしたか。どんだけ日本人を勇気付けてきたか」って擁護したばかりなのにね。

記者H もう、サザンが「ピースとハイライト」を演奏することはないかもしれませんね。また、今後の曲作りで、メンバーが萎縮してしまうのではないかと、ファンも気が気でないようです。

デスクT まあ、日本のメジャー音楽シーンなんて、愛とか恋とか、セックスの歌とか歌って、うっとりしてればいいんじゃないの? あはは。

記者H ひねくれすぎですよ。

123

右翼出動でサザン・桑田謝罪、前田敦子が風俗嬢に、国生さゆり元夫に詐欺容疑……モヤモヤする芸能界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真