日刊サイゾー トップ > 海外  > 中国 交通マナー違反者を晒し刑に

死者数は日本の15倍!? 交通ルール“完全無視”の中国で、当局が最終手段「守らないヤツは晒し刑」

sz001.jpg

 中国名物のひとつといえば「中国式過馬路」、すなわち「中国式道路横断」。言うまでもなく、信号無視・交通マナー無視で道路を横断することだ。

片側5車線以上あるような大きな交差点でも、歩行者は当然のように信号無視をする。そこに、信号が変わる直前に交差点に突っ込んできた右折車や左折車、なぜか進行方向が逆の専用レーンを爆走する電動自転車、都市部なのに牛車に乗った農民、ベンツのパチもんロゴが光る子供用電動カーに乗った生意気な小皇帝などなどが行き交う……。どんなに動体視力のいいボクサーでも、これらを上手に避けて横断するのは至難の業だろう。


 いまだに交通マナーがよくならない中国では、交通事故の数も想像を絶している。2013年8月に北京市内で開催された「中国道路交通安全フォーラム」では、なんと12年に交通事故での死傷者数は20万人を超えたと発表された。死者数も毎年、6~7万人で推移しており、これは日本の15倍以上に当たる。

 一向に交通事故は減らない中、最近では当局が「最終手段」に出ている。北京五輪前後、中国都市部の各交差点には治安要員が配置され、信号無視をする者を厳しく注意していたが、それも功を奏さなかったらしい。現在では、なんと信号無視する者を監視カメラで録画し、ネット上とテレビ番組で晒すという強硬手段に出ているのだ。

 この試みは広東省深セン市羅湖区で14年夏から実施されているもので、信号無視をする自動車や自転車、歩行者を羅湖区の行政公式ホームページ上や、テレビの区民情報番組で晒すというもの。筆者が深セン市内で見かけたこの看板には「赤信号は横断するな。守らない者は晒すぞ!」と恐ろしい警告が書いてある。

sz002.jpg

 さっそく区のホームページを見てみると、交通関連のところに「晒しコーナー」が。現状ではそのほとんどは自動車で、ナンバーが片っ端から晒されている。今後は「歩行者も順次、晒していく予定」(深セン法治通城網より)だという。

sz003.jpg

 日本では考えられないような試みだが、果たして中国の交通マナーは、これで少しはよくなるのだろうか?
(取材・文・写真=金地名津)

最終更新:2015/01/23 18:00
関連キーワード

死者数は日本の15倍!? 交通ルール“完全無視”の中国で、当局が最終手段「守らないヤツは晒し刑」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

中国名物のひとつといえば「中国式過馬路」、すなわち「中国式道路横断」。言うまでもなく、信...
写真