日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 高橋ジョージの顔が青白い……

NHK『美女と男子』過酷な現場風景「仲間由紀恵は疲れ声」「高橋ジョージは顔が青白い」

bijotodanshi04s177.jpg『美女と男子』NHK

 14日から始まった仲間由紀恵主演のNHKドラマ『美女と男子』。全20話とあって、通常のドラマに比べて倍の期間を撮影に要する。

「撮影は8月末までの予定なので、かなりハードスケジュールになりますね。今はちょうど半分の10話を過ぎたくらいです。仲間さんも体調管理だけはものすごく気を使っているようです。基本的に撮影は局内のスタジオが多いのですが、食事は食堂で野菜ばかりを食べていることが多いですね」(NHK関係者)


 撮影も順調に進む中、ひとり浮かない顔をしているのが、いまだ収束の気配を見せない離婚騒動の渦中にある高橋ジョージ。

「初顔合わせのときこそ、まだ騒動の最初のころでジョージさんも『世間を騒がせてます!』とか『新婚の仲間さんの前でスミマセン』とか言って明るかったのですが、最近はほとんど無口ですね。顔も白いというか青いというか、血色がないかんじです。役に入ったら問題はないんですけどね……」(ドラマスタッフ)

 主演の仲間も、スケジュールが詰まってくると現場のマネジャーたちにこんな話をしているという。

「収録やロケ、インタビューなどが重なったときは『マネジャーさんの気持ちがわかりますね。詰められるときは詰めないといけないですもんね』と疲れた声で話してました。おそらく、マネジャーの役をやって初めて、その実務の大変さを知ったんじゃないでしょうか。夫の田中哲司さんも今は別のドラマに出てますので、家でもすれ違いが多いようです。今のところ収録は順調ですが、疲労が出てくる夏場を無事乗り越えられるかどうかですね」(芸能事務所関係者)

 NHK『ドラマ10』初の長編ドラマは果たして成功するのだろうか――。

最終更新:2015/04/27 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed