日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > ソウル「ニューフーゾク」に潜入!
【韓国って、今どうなってるの!?】 行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.06

床屋街からカラオケ街へ さらに進化するソウルニューフーゾク「ノレバン」

tokoyagai-1.jpg長安洞にあるノレバン。チョイスミュージッククラブと書かれているあたりが……。

前号・美人床屋から続く

 チョ氏とピョ氏に連れて来られた長安洞(チョアンド)の美人床屋は摘発で壊滅している。それならこんな時間(午前0時頃)に、なんでわざわざタクシーで連れて来たのか? 唖然とする記者にチョ氏は言った。

「今、長安洞はノレバンの街になってます」

 ノレバンとはカラオケボックスのことだが、男3人でカラオケして何がオモシロいの?

「長安洞のノレバンは女のコを呼べます」
「……なるほど!」

 ピョ氏によると、ノレバンは“酒類提供”や“女性の接待”など、法律で段階的に区分されていて、長安洞には酒も女のコも可能な店が集まっている。その中でも、最近増え始めたのが「チョイス」システムのある店だという。

「他の店は、呼んだ女のコしか来ません。でも、チョイスノレバンは、何人かの女のコの中から好きなコをチョイスできます」

 かわいいコ選んで酒を飲みながらカラオケができるって、それじゃルームサロンと同じじゃないの!? しかも当然、ルームサロンより格安で、女のコ次第では、デートの可能性もなきにしもあらずという。さっそく、チョ氏が友だちと先週遊びに来たばかりという某店へと潜入した。


12
関連キーワード

床屋街からカラオケ街へ さらに進化するソウルニューフーゾク「ノレバン」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

チョ氏とピョ氏に連れて来られた長安洞(チョアンド)の美人床屋は摘発で壊滅している。それな...
写真