日刊サイゾー トップ > 海外  > 韓国珍スポット「性愛美術館」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

「性愛美術館」で追体験する、ラブのさまざまなかたち

lovemuseum07.JPG左の立て看は、どのように使うのかといえば……

lovemuseum08.JPG写真で撮影の仕方を紹介。ちなみに職員の方が着用しているのが、ラブめがね
lovemuseum09.JPGどういう状況だ?
lovemuseum10.JPG個人的に好きな作品がこれ。こんな豪快さんに私はなりたい

 展示は星座別におすすめの体位を紹介するコーナー、モグラの代わりに性器が飛び出るモグラたたき、男性器をこすって発射する水鉄砲などのゲームコーナーを経てフィニッシュ。正直、展示空間はそれほど大きくない。また比較的きれいにまとまっており、昭和の秘宝館のようなクレイジーさを期待したらがっかりするかもしれない。

 しかし女性でも、そして言葉のわからない海外の人でも楽しめる、体験型のポップな展示は、韓国における性の博物館の現在進行形といえるだろう。

 もしソウルで言葉の通じない、でもお近づきになりたい素敵な異性と出会うことになったら、ラブミュージアムへの訪問をお勧めする。2人の距離を縮めるのに、言葉なんていらない!(※相手による)

●ラブミュージアム
住所 ソウル市麻浦区弘益路3キル20(西橋洞357-1)
営業時間 9:00~21:00 
定休日 なし
料金 大人8,000ウォン
HP <http://lovemuseum.co.kr>
(文・写真==清水2000)

最終更新:2016/01/28 13:19
123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真