日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 韓国人「なぜ、ゆきりんじゃない?」

「日本限定なら、ゆきりんだろ!」HKT48指原莉乃、総選挙1位に韓国人が反発!

kashiwagi0607.jpg

 6月6日に福岡ヤフオク!ドームで行われた「第7回AKB48選抜総選挙」は、お隣・韓国でも大きく報じられた。投票権付きシングルCD「僕たちは戦わない」リリース時にも、「投票権欲しさに1日だけで150万枚発売、AKB48総選挙が日本列島を揺るがす」「日本の選挙よりも熱いAKB48総選挙開始」(総合ニュースメディア「NEWSen」)、「オタク最大の祝祭 AKB48総選挙開始」(総合ニュースメディア「時事ウィーク」)と開票前の状況が報じられたが、投票結果も詳しく報じられた。

 経済ニュースサイト「ヘラルド経済」は「オタク戦争、成功裏に終わる」と題した記事の中で、今回の総選挙を昨年6月に行われた韓国の地方選挙と比較してこう分析している。

「今回のAKB48総選挙の総投票数は268万票。昨年のわが国の総選挙において、釜山市の総投票数は162万9,167票、大邱市が105万2,638票だった。AKB48総選挙はこれらを凌駕するだけでなく、ソウル市長に当選したパク・ウォンスン氏の得票数275万2,171票にも肉薄する。しかも、誰でも投票できるわけではない。投票したければ、CDを買わなければならない。まさに268万票という投票数には、感嘆せずにいられない。日本のAKB48人気は、単なるオタク文化だとバカにできる水準ではない」
 
 そんな韓国メディアのAKB48評で興味深いのは、「NEWSen」の分析だ。「僕の推しメンを舞台に…270万人が投票した日本ガールズグループ選挙」と題した記事の中で、同メディアはこう評価している。

「AKB48を見つめる日本芸能界の視線は両極端だ。停滞期にある日本の歌謡界を活火山のように盛り上げる救世主として見つめる一方、度が過ぎたオマケ商法という声もある。AKB48のせいで日本歌謡界の多様性が抹殺されているという批判もある。デビュー当時はオタクのための占有物だったが、今では日本の国民的アイドルといっても過言でない。(中略)いずれにしてもAKB48は、現代日本の大衆文化を代表する商品になった。280万人が“僕の推しメンをセンターに”“せめてステージに立たせたい”と願い、CDを買い漁り投票する姿は、選挙のたびに最低投票率を更新する日本の政界と比べ、とても皮肉な現実であることは間違いないだろう」


12
こんな記事も読まれています

「日本限定なら、ゆきりんだろ!」HKT48指原莉乃、総選挙1位に韓国人が反発!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

6月6日に福岡ヤフオク!ドームで行われた「第7回AKB48選抜総選挙」は、お隣・韓国でも...
写真