日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > エグザイルドラマ最終回に驚愕

EXILE一族ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』最終回のトンデモ展開に思わぬ評価「最後まで薄っぺらくて最高!」

「以前、連ドラ『町医者ジャンボ!!』で初主演を務めたEXILEのMAKIDAIが、目に余る“棒演技”であったことから、『ジャン棒』などと揶揄されたが、『ワイルド・ヒーローズ』は主演のTAKAHIROを『キー棒』と呼ぶ視聴者が続出。ただし、演技力不足に嫌悪感を抱くというよりは、温かい目で見守りながら、“EXILEクオリティーを楽しむ”という視聴者が増えている印象。そのためか、同作は22時半スタートと微妙な時間帯ながら、プライム帯で放送されていた山下智久主演『アルジャーノンに花束を』(TBS系)や、斎藤工主演『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)などを上回る全話平均視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。EXILEクオリティーの演技には、シリアス路線よりも、このくらいぶっ飛んだ脚本のほうが合っているのかもしれません」(テレビ誌記者)

 “棒演技”が世間に浸透し、新たな面白さを生みだしたともいえるEXILE一族。現在、EXILEの所属事務所・LDHと日本テレビが共同で手掛けるEXILE一族総出演ドラマ『HiGH & LOW STORY OF S.W.O.R.D.』の企画が進行中だが、こちらも目が離せない!?

最終更新:2015/06/22 23:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed