日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国・恐怖の殺人エスカレーター

“食人エスカレーター”だけじゃなかった! 中国・恐怖の殺人エスカレーター

escalator-2`.jpg広西チワン族自治区梧州市のデパートで起こった事故。子どもが親と離れて一人でいる時に起こった事故だという

 2010年12月には、広東省深セン市の地下鉄駅構内にある上りエスカレーターが、突然逆行を始めて下に向けて動きだし、乗っていた24人がケガをするという事故が発生。翌年7月には、北京で同じくエスカレーターが突然逆行し、この時には1人が死亡、30人が重軽傷を負っている。

 荊州市での事故を受け、国家質量監督検験検疫総局が7月28日に発表したところによると、今年6月末の時点で、全国で検査されたエレベーター・エスカレーター236万基のうち、11万基以上で安全上の問題が発見され、そのうちの2.6万基以上はいまだに修理もされずにそのまま使われている状態だという。さらに、去年1年間でエレベーター・エスカレーターの事故が全国で49件発生し、37人が死亡。死亡した37人のうち、18人は作業員や管理人で、残りの19人が利用者だったという。

escalator-4`.jpg2014年9月に、福建省アモイ市で起きたエレベーター事故。男性が乗り込もうとするとドアが閉まらずそのまま上に動きだし、男性は天井とエレベーターの床の間に挟まれて死亡した

 都市化が進む中国ではエレベーターとエスカレーターの数が急激に上昇しており、それに伴い修理・補修・点検の人員が不足しているため、点検や補修がおざなりになったり、定期的な点検すらされていないところも数多くあるという。荊州市での事故も、補修後のボルトの締め忘れが原因ではないかとみられている。

 中国では、健康のためというより、命のために階段を使ったほうがよさそうだ……。
(文=佐久間賢三)

最終更新:2016/01/27 13:19
12
関連キーワード

“食人エスカレーター”だけじゃなかった! 中国・恐怖の殺人エスカレーターのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

7月26日、湖北省荊州市のデパートでエスカレーターの踏み板が突然落下し、30歳の女性が中...
写真