日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 北朝鮮・精神科病棟の実態

外交官の子どもが相次いで収容……知られざる北朝鮮・精神科病棟「49号病院」の実態

hospital0819.jpgイメージ画像(Thinkstockより)

 旧ソ連では、体制に反抗する人々を「精神障害患者」と決め付け、精神科病院に強制入院させて薬物投与を行っていた。また、中国では同様の状況がいまだに続いているといわれており、その実態を描いたドキュメンタリー映画『収容病棟』は世界で波紋を呼んだ。

 一方、北朝鮮の精神科病院の実態については、ほとんど情報がないのが実情だ。

 そんな中、米国の北朝鮮専門ニュースサイト「NKニュース」は、北朝鮮における精神医療について報道している。 

「北朝鮮の人々は精神疾患をどう治療するのか」と題した記事で、脱北者イ・ジェソンさんの証言を引用し、北朝鮮には心の病を抱えた人が大勢いるが、専門的に治療する医療機関や医師がおらず、家族の支えに頼らざるを得ない状況だと報じた。

 2011年に脱北して現在は韓国在住のイさんは「北朝鮮では『精神科医』という言葉を聞いたことがない」「神経科専門医は存在するが、神経系の疾患の治療は行っても精神疾患を治療することはない」と語った。

 イさんは続けて、「北朝鮮には『49号病院』と呼ばれる精神障害棟が存在するが、山の中にあり、精神疾患を治療するのではなく、患者を収容するだけの施設だ」と明らかにした。

 しかし、イさんは「49号病院はどこの所属で、誰が具体的にどのように何をするのかはわからない」と、北朝鮮国内でも精神科病院の実態がさほど知られていないと証言した。

 また「暴行されたり、食事をまともにもらえなかったりする上に、世間から白い目で見られるので、家族は患者を49号病院に送ることを嫌がる。自宅で面倒を見るのが普通だ」とも語った。

 一方で、デイリーNKの内部情報筋は、北朝鮮の精神科病院が本来の目的とは違う形で使われていると指摘する。

 最近、海外勤務から帰国した北朝鮮外交官が、精神疾患にかかったわけでもない自分の子どもを精神科病院に入院させるケースが増えているというのだ。

 上流階級に属する外交官の子どもは、平壌でいい暮らしをしているので「我が国は地上の楽園」というプロパガンダをうのみにする傾向が強いという。ところが、父親の海外赴任に伴って情報があふれる海外で暮らすようになると、そのウソに気づいてしまい、北朝鮮を極度に嫌うようになってしまう。


12
こんな記事も読まれています

外交官の子どもが相次いで収容……知られざる北朝鮮・精神科病棟「49号病院」の実態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...…
写真