日刊サイゾー トップ > 海外  > 影響力増すパク・クネ大統領の実妹

日韓関係のダークホース!?  駐韓日本大使館前焼身自殺未遂の引き金となった、パク・クネ大統領の実妹とは

pakuk.jpgニコニコ生放送より

 駐韓日本大使館前で、80代の老人が焼身抗議――。去る8月12日の第1,191回「水曜集会」で繰り広げられた過激なパフォーマンスは、韓国国内はもとより、日本でも衝撃をもって受け止められた。焼身自殺を図ったチェ氏はすぐに病院に運ばれたが、重度のやけどを負っており、現在も非常に危険な状態だという。事件から1週間が過ぎた19日、事件現場では、新たに警察官が配置されるなどの警戒態勢こそあったものの、第1,192回目の水曜集会が通常通りに開かれている。

 現在もチェ氏の続報は絶えない。特に注目を集めているのは、彼が残した“遺書”だ。「7,000万同胞に告ぐ」というタイトルで、A4用紙8枚にわたって書かれた文書には、「日帝を打倒するのはわが民族の課題」などと、日本を強く批判する内容で埋め尽くされていたという。よほど、日本を恨んでいたのだろう。

 ただ、日本に対する「積年の恨み」だけでは、80代の老人が焼身という極端な選択した理由として、若干弱い気がする。チェ氏の背中を押したきっかけがあるはずと、文書を詳しく見ていくと、彼が突発的な行動に走った理由には、ある女性の発言が関係しているようだ。

「パク・クンリョン女史の発表文に接して、これ以上は我慢ができなかった。いくら日帝時代に陸軍士官学校に入学しようと、日本政府に血書まで書いたパク・チョンヒ大統領の遺伝子を継いだ娘だとしても、“全国民に聞いてほしい”と、あのような暴言をする必要があったのか」

 パク・クンリョン氏は、日本でも最近その名が知られるようになった、パク・クネ大統領の妹。彼女の「暴言」とは、7月末の訪日後、韓国メディアの前での発言と考えられている。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真