イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

嵐、2020年で活動休止!

SMAPに続き、嵐まで…ジャニーズ事務所はどうなる!?
写真

人気連載

 2月上旬の人気記事ランキング

 2月1日、派遣型マッサージ店の女性従業員に乱...…
写真

ドラマレビュー

『グッドワイフ』夫の事件が急展開!

(これまでのレビューはこちらから)  常盤貴子主演ドラマ『グッドワイフ』(TBS系)...…
写真


日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 早大で教授のセクハラ相次ぐ
週刊誌スクープ大賞

早稲田大学で相次ぐ“エロ”教授のセクハラ ゼミ生に「君の滴がほしい! 飲み干したい!」

motoki1102「週刊現代」(11/14日号、講談社)

今週の注目記事

第1位「有名『欠陥マンション』 <全国10棟> 建て替えたのか、そのままか」(「週刊現代」11/14号)
「現場『杭打ち』担当者はなぜ偽装に手を染めたか」(『週刊文春』11/5号)

第2位「NHK人気番組 『クローズアップ現代』3月で打ち切り決定!」(「週刊現代」11/14号)

第3位「『都の性北』と大隈候が天を仰ぐ早大教授のセクハラ頻発」(「週刊新潮」11/5号)

第4位「『ダルビッシュ弟野球賭博で逮捕』捜査追跡1年 本誌だけが知る全真相」(「週刊ポスト」11/13号)

第5位「あなたに妻<認知症>の介護ができますか」(「週刊現代」11/14号)

第6位「重大発言 巨人軍投手が吹聴する『山口組弘道会』との密接交際!」(「週刊新潮」11/5号)

第7位「日本でいちばん早い2016年『景気と経済』大予測」(「週刊現代」11/14号)

第8位「『維新』醜悪の元凶は『橋下』大阪市長を操るわがままな黒幕」(「週刊新潮」11/5号)

第9位「『中国拘束日本人スパイ』が『電極拷問』を受けている!」(「週刊文春」11/5号)

第10位「地震保険料率の大改定で分かった 全国巨大地震リスク」(「フライデー」11/13号)

番外 現代、ポストのSEX記事の勝者はどっちだ!

 まずは恒例、現代VSポストの、セクシーグラビアと記事比べから。現代は、前のカラーページと袋とじを使って読売ジャイアンツ・マイコラス投手の「美しすぎる妻」ローレン・マイコラスを「感動の撮り下ろし」している。亭主のほうも、今年は13勝して気を吐いたが、優勝には貢献できなかった。

 彼女は27歳、確かに美人ではあるが、残念ながらヘアヌード写真はない。それ以外では、「林檎ヌード」で有名な「麻田奈美 幻のヘアヌードを独占掲載!」を10ページ、鬼才の映画監督・園子温が愛したという「女優・高柳結恵『無毛ヌード』」と力が入っている。

 一方のポストは、懐かしの女優・松本ちえこのヘアが少し見えるグラビアと「39歳 美熟女モデルが『グラビア参入宣言』」のセクシー。グラビアは、現代の勝ちだ。

 SEX記事はどうか。ポストは毎度の「死ぬまでSEX」シリーズ。今回は「勃たなくてもいいんです。女も気持ちいいんです」の巻。タイトルを並べてみよう。

「囁いて、キスをして、ゆっくり抱きしめて――『入れないSEX』『出さないSEX』女にはまた別の快楽があるんです」「セックスに興味を失えば免疫力が低下する『入れないSEX』で若返る 美人女医3人の金言」「81歳現役AV男優、元ナンバーワンソープ嬢が誌上レッスン 指と舌をフル活用すれば『勃たない』はむしろ強みに変わる」「相手を満足させるだけじゃ物足りないアナタへ 男だって気持ちよくなりたい! “第2の女性器”で疑似挿入のススメ」

 まあ、読まなくても内容はわかるね。お次は現代。「60すぎて70すぎて、80すぎて90になっても『したい』」シリーズ第2弾「『SEXという悦び』神様、欲望をありがとう」

 冒頭は春画展の話から。東京メトロ「江戸川橋駅」から徒歩15分ぐらいの閑静な住宅街に、いま女性が大挙して押し寄せているという。お目当ては、細川家の屋敷跡の一隅にある美術館「永青文庫」で行われている春画展である。

 現代のインタビューに、女友達4人のグループでやってきた20代女子たちは、口々にこんな感想を漏らしたそうだ。

「女性の喘ぎ顔がリアルなんです! 滲み出る精液も女性器も生々しい。つい自分の彼氏とのセックスを想像してしまいました」
「春画に描かれている女性って艶めかしいですよ。私もセックスをしてるときにこんな恍惚とした表情をしているんだと思って、恥ずかしくなっちゃった」

 次は最近、父親が迎えた後妻に憧れ、セックスをしたいという「義母とのSEX」願望が流行だという。

 お次は、昔から警察官や教師はセックスに貪欲だといわれているようだが、抑圧こそ快感を生むという考察。大手銀行で課長だった42歳の銀行員は、銀行内で不倫をしていたことがバレて左遷されたが、彼のように出世より不倫を選ぶ男たちがいるというお話。

 最後は「若い女子としたいあなたへのアドバイス こうやって攻めなさい」

 毎回言っているが、記事のほうは両誌とも「おおいなるマンネリ」である。こんなにページをとってやるよりも、事件ものに少しでもページを割いてほしいものである。記事は相打ち。グラビアは現代がポストを凌駕しているので、今週は現代の勝ち。

 10位からいこう。毎週フライデーを見るたびに、おいおいこのままでいいのかい、と思わざるを得ない。今週は。新聞広告右の「地震保険料率の大改訂で分かった全国巨大地震リスク」という記事が読みたくて買ってみたが、この記事でフライデーを買う人は少ないだろう。

 ひとまず、内容を紹介しておこう。これは損害保険料率算定機構というところが9月30日、金融庁に届け出たもので、当時新聞でも報じられている。17年1月から全国平均で地震保険料率が5.1%上げられるというのだ。

 フライデーによれば、昨年も15.5%引き上げられている。大幅値上げが相次ぐ背景には、地震発生確率が上がっていることがある。中でも千葉、東京、神奈川、静岡は保険料は他県と比べて相当高い。ということは、地震の起きる確率が高くなっているからだろう。

 とまあ、こんな内容だ。ほかに読むべきものはないかとパラパラめくってみたが、他の週刊誌と同様の欠陥マンション問題、ダルビッシュ有の弟が逮捕されたこと、谷繁元信と落合博満の中日内紛など、写真週刊誌らしい記事は若い娘のグラビアだけというのでは寂しすぎる。

 唯一、モネの有名な絵画「睡蓮」にそっくりだと観光客が殺到している岐阜県・関市という山あいにある池の写真がいいのだが、これもフライデー独自ネタではなく、名古屋のテレビで紹介されたものの後追いである。

 このところ、活字週刊誌の文春や新潮がいい張り込みネタをグラビアでやっているが、フライデー発のスクープはあまりないのはどうしたことだろう。

1234
こんな記事も読まれています

早稲田大学で相次ぐ“エロ”教授のセクハラ ゼミ生に「君の滴がほしい! 飲み干したい!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

グッドワイフ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

トレース~科捜研の男~

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

後妻業

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

初めて恋をした日に読む話

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

さすらい温泉 遠藤憲一

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

刑事ゼロ

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

ハケン占い師アタル

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

メゾン・ド・ポリス

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

イノセンス 冤罪弁護士