日刊サイゾー トップ > 海外  > 韓国・硬貨を溶かして丸儲け!?

「またお前らか……」硬貨600万個を溶かして約2,000万円GET! 韓国10ウォン硬貨をめぐるカラクリ

korea1106

 韓国の通貨であるウォンの価値は、11月5日時点で約0.10円。つまり、10ウォンの価値がだいたい1円くらいだ。硬貨で最大の500ウォンでも50円ほどであるため、韓国で使われるのは、基本的に紙幣がメインとなる。中には「最後に10ウォン硬貨を使ったのがいつか思い出せない」と話す人までいる。

 3日、それほど存在感の薄い10ウォン硬貨をめぐる驚きの事件が発覚した。硬貨を溶かし、銅を抽出して、2億ウォン(約2,000万円)近い利益を得た8人が、韓国銀行法違反容疑で立件されたのだ。

 犯罪のもととなった10ウォン硬貨だが、実は1966年の誕生から、83年と06年の2回にわたって、素材が一新されている。今回ターゲットになったのは、83年製造の10ウォン硬貨だ。

 “2代目10ウォン硬貨”は、直径22.86ミリ、重さ4.06グラム。その成分は銅が65%、亜鉛が35%と、銅の比率が非常に高い。通貨としての価値は10ウォンなのだが、溶かして銅を抽出した場合、10ウォン硬貨1枚で25ウォン分の価値がある。

 そこに目をつけたのが、融解工場を営むイ容疑者(57歳)だ。彼は仲間を集め、今年5~10月にかけて、2代目10ウォン硬貨を600万個(総重量24トン)集めたのだ。

 逮捕につながった経緯は、実に間抜けなものだ。なんと、イ容疑者とその仲間たちは、3代目10ウォン硬貨を袋に詰め込み、2代目10ウォン硬貨に換える作業を全国の銀行で行っていたのだ。そんな怪しい客がマークされないわけがない。そんなことに気がつかないイ容疑者たちは、間もなく御用となった。なんとも情けない話だ。

 一方、報道を聞きつけた韓国ネット民の反応は意外なものだった。

「この事件、何回起きてるんだよ。刑罰が甘いから、こうなるんだ」

 そう、実はこの2代目10ウォン硬貨から銅を抽出するという事件は、昔から何度も起きていて、中には5億ウォン分の10ウォン硬貨を溶かして、12億ウォンを荒稼ぎした者もいた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed