日刊サイゾー トップ > エンタメ  > K-POP人気歌手の新作が社会問題に

K-POP人気歌手IUが大ピンチ!? 初プロデュースのアルバムが大炎上で社会問題に

 あまりの非難の声に、IUは11月6日付で公式に謝罪。「5歳の子どもを性的対象化しようとする意図で歌詞を書いていない」「多くの方々を傷つけてしまったことは、私が作詞家として未熟だったため」とコメントを出したが、騒動は収まるどころか白熱化の一途をたどっている。

「作家や大学教授、評論家などの知識人たちが、『Zeze』の解釈をめぐって、表現の自由なのか、はたまたタブーなのかについて、持論を展開しています。今のところ擁護派は少ないですが、正直なところ、ここまで大きな騒動になるほどの歌詞かどうかは疑問が残ります。ただ、幼児に対する性的虐待が問題視されている韓国では、より敏感に反応せざるを得ない部分もあります。すでにネットユーザーの間では音源削除を求める署名運動が始まっていて、3万人以上が賛同しています。まだ22歳のIUにとっては、過酷すぎる現実だと思いますよ」(同)

 初めてプロデュースしたアルバムで、容赦のない非難にさらされているIU。これも、人気アイドルゆえの宿命なのだろうか?

最終更新:2015/11/11 12:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed