日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国・食品虫混入は安全性の証し!? 

「虫混入は安全性の証し」!? 中国・相次ぐ“毒食品問題”で消費者の感覚が完全にイカれた?

bugs1テレビクルーと共に“強行突入”した食品薬品監督管理局の職員たち

 中国で食品絡みの不祥事が続発する中、大手食品企業による不祥事が発生した。

 中国・山東テレビは、武漢市食品薬品監督管理局が行った飲食店への立ち入り調査に密着。その模様を11月13日に放送した。

 同局が立ち入り調査に踏み切ったのは、中国の即席麺市場で5割以上のシェアを占める「康師傳」が経営する、同市内のファストフード店だ。

bugs2抜き打ち検査を受け、虫混入が報じられた武漢市のファストフード店

 この調査はまったくの抜き打ちで、当日、同局担当者とテレビクルーがこの店の厨房に入ろうとすると、店長は本社の許可を得てから調査を行うよう要求。しかし、同局はそれを無視して“強行突入”したのだった。

 厨房内のスタッフは、全員が衛生帽やマスクを着用。検査の結果、食品の消費期限や賞味期限も基準の範囲内であることがわかり、「さすが大手ブランド」といったところだった。 

 しかしその後、テレビカメラは衝撃的な物体を映し出すことになる。厨房内に保管されていた乾燥食品の袋の内部に、生きている蛾の成虫と幼虫、さらに虫の卵を発見したのである。この瞬間、くだんの店長はテレビカメラのレンズを必死に手で遮ったが、この醜態は白日の下にさらされることとなった。

 ところが、放送から数日がたった現在も、この店舗は通常通り営業しているというのだ。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「虫混入は安全性の証し」!? 中国・相次ぐ“毒食品問題”で消費者の感覚が完全にイカれた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

前田日明×瓜田純士、断絶の真相

 かつてはいがみ合っていた時期もあるが、10年ぶりに再会し、すっかり打ち解けた前田日明...…
写真