日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > キリンに頭突きされて死亡
実は凶暴!

ライオンでもサイでもなく……アフリカで映像作家がキリンに頭突きされて死亡

温厚だと思ったら大間違い!?(足成より)

 南アフリカのサファリパークで、映像作家が動物に襲われて死亡するという事故が発生した。彼を襲った動物は、ライオンでもサイでもコブラでもなく、温厚なイメージのあるキリンだった。

 英紙「メトロ」(電子版)などによると、死亡したのは、同国出身のカルロス・カルヴァーリョさん(47歳)。彼は2013年に映像監督として参加した映画『The Forgotten Kingdom』でアフリカ映画アカデミー賞最優秀映像賞を受賞している、才能あふれるクリエイターだった。

 キリンを題材にした映像作品を制作中だったカルヴァーリョさんは、5月2日、ヨハネスブルグ近くのサファリパークで、一頭のキリンに接近して撮影を行っていた。ところが、そのキリンが突然、首を大きくスウィングさせ、カメラのファインダーをのぞいていたカルヴァーリョさんの頭に頭突きを食らわせたのだ。カルヴァーリョさんの体は、その衝撃で5メートルほど宙を舞ったという。彼はヘリコプターで救急搬送されたが、病院で死亡が確認された。

 現場に居合わせた撮影クルーのひとりは、「これまでわれわれはさまざまな動物を撮影してきたが、危険に対して鈍感になっていたのかもしれない」とコメントしている。

 成長すると体高5.5メートルほどにもなり、体重は1.2トンに達するオスのキリンは、首をスウィングさせて反動をつけ、別のオスに頭突きを食らわせて自分の優位を誇示し、メスを引きつける習性があることが知られている。こうしたメスをめぐる争いで、命を落とすオスもいるというから、キリンの頭突きを人間がもろに食らえば、ひとたまりもないだろう。

 ちなみに南アフリカでは、過去にもキリンの頭突きによる死亡事故が複数件起きているという。

最終更新:2018/05/11 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ライオンでもサイでもなく……アフリカで映像作家がキリンに頭突きされて死亡のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真