日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

ThinkstockPhotos-478253521.jpg画像は、Thinkstockより

●女子高生コンクリート詰め殺人事件
 1980年代後半に起こった、誘拐・略取・監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の総称である。犯人の主犯格は、当時未成年だった少年4人。当時高校生だった少女をホテルに連れ込み、強姦。そのまま自宅の2階に連れ込み、輪姦し、自慰行為を強要、性器に異物を混入するなどの行為を繰り返した。その後、足にオイルをかけ炙る、高いところから鉄の棒を落とす、膣や肛門に鉄の棒をつっこみ内部でかき回すなどの拷問を行い、頬が鼻よりも高くなるまで暴行を繰り返した。そして、その顔を見て「でけぇ顔になった」と嘲笑したという。さらに暴行を繰り返し、少女が死亡した後、その遺体をコンクリート詰めにして埋立地に遺棄した。

●北九州監禁殺人事件
 2002年に福岡県・北九州市で発生した監禁・殺人事件。被告2人による残虐な手口は、あまりの酷さに報道規制がかけられたと言われており、第一審で検察側は“鬼畜の所業”と被告を激しく非難した。コンセントから電線を裸にして、その電線を性器や顔などにつけ電気を流すと、全身が痙攣して頭が真っ白になるという。この“通電”と呼ばれる拷問を駆使。さらに弱みにつけ込んでマインドコントロール。子どもを含めた、被害者一家内で殺し合いを起こさせた。自らの手を汚すことなく起きた拷問殺人といわれ、世界的にも稀に見る事件である。被告の1人、松永太には死刑判決が下され、共犯の緒方純子には無期懲役の判決が下された。


1234
こんな記事も読まれています

【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

その残忍さゆえ、数ある犯罪の中でも最悪なものだと言われる拷問殺人。歴史の中でも幾多の拷問...
写真