日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選

●バニシェフスキー事件

1602_goumonsatsujin_01.jpgガートルード・バニシェフスキー。画像は、「Wikipedia」より

 インディアナの犯罪史上で最も恐ろしい犯罪といわれる事件。1965年、シルヴィア・ライケンスという少女が遺体で見つかった。その遺体には、身体中に痣や火傷の跡だけでなく“I am a prostitute and proud of it.”(私は売春婦でそれを誇りに思う)という文字が皮膚に刻まれていた。シルヴィアを殺した主犯格として逮捕されたのは、ガートルード・バニシェフスキー。シルヴィアを物理的に攻撃するだけでなく“淫売”と罵り、精神的にも虐待。ジュースのビンをシルヴィアの膣に無理やり突っ込むことなどを繰り返し、それによって失禁するようになると地下室に閉じ込め、熱湯をかけて火傷した皮膚に塩を塗りこむといった行為を繰り返した。シルヴィアは死ぬ間際、唇を裂けるほど強く噛み締め、苦痛に耐えていたことが検死で明らかになった。


1234
こんな記事も読まれています

【閲覧注意】鬼畜の所業…! 残忍・残虐な拷問殺人事件5選のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

その残忍さゆえ、数ある犯罪の中でも最悪なものだと言われる拷問殺人。歴史の中でも幾多の拷問...
写真