日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国産VRデバイスは9割がパチモン

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!の画像1中国最大の電子商取引(EC)サイト「淘宝網(タオバオ)」でVRを検索し、販売数順に並べると、上位は30~150元(480~2,400円)程度の価格帯で埋め尽くされる

 スマートフォンに次ぐ成長産業として期待される仮想現実(VR)デバイスが、中国で驚異的な伸びを示している。米IT専門リサーチ会社IDC によると、2016第3四半期の出荷台数は20万4,000台で、前年同期比 367.9%増。17年はそのペースを上回る、前年比441.2%増に達すると強気に予測している。数字だけを見ると有望産業だが、未来は必ずしもバラ色ではないようだ。

 VRデバイスにはさまざまなタイプがあり、「プレイステーションVR」のような据え置きタイプもあればゴーグルタイプもあり、後者の中にはスマートフォンを挿入するタイプもある。中国ではゴーグルタイプが大多数を占めるが、「新京報網」(2月16日付)によると、驚くことに市場の9割をパチモンが占めているというのだ。

 独リサーチ会社GfKによると、16年度の中国でのVRデバイスの生産量は月平均38万2,000台で、平均価格は137元(約2,200円)と、かなり安い。100元(約1,600円)以下で販売されている製品もあり、中には原価がわずか10元(約160円)のものもあるという。こうした格安製品には演算機能がなく、中を覗いてもスマートフォンの液晶画面が拡大されるだけで、仮想現実が現れることはない。“視覚的ペテン”だと同社は断じる。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

スマートフォンに次ぐ成長産業として期待される仮想現実(VR)デバイスが、中国で驚異的な伸...
写真