日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国産VRデバイスは9割がパチモン

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!の画像1中国最大の電子商取引(EC)サイト「淘宝網(タオバオ)」でVRを検索し、販売数順に並べると、上位は30~150元(480~2,400円)程度の価格帯で埋め尽くされる

 スマートフォンに次ぐ成長産業として期待される仮想現実(VR)デバイスが、中国で驚異的な伸びを示している。米IT専門リサーチ会社IDC によると、2016第3四半期の出荷台数は20万4,000台で、前年同期比 367.9%増。17年はそのペースを上回る、前年比441.2%増に達すると強気に予測している。数字だけを見ると有望産業だが、未来は必ずしもバラ色ではないようだ。

 VRデバイスにはさまざまなタイプがあり、「プレイステーションVR」のような据え置きタイプもあればゴーグルタイプもあり、後者の中にはスマートフォンを挿入するタイプもある。中国ではゴーグルタイプが大多数を占めるが、「新京報網」(2月16日付)によると、驚くことに市場の9割をパチモンが占めているというのだ。

 独リサーチ会社GfKによると、16年度の中国でのVRデバイスの生産量は月平均38万2,000台で、平均価格は137元(約2,200円)と、かなり安い。100元(約1,600円)以下で販売されている製品もあり、中には原価がわずか10元(約160円)のものもあるという。こうした格安製品には演算機能がなく、中を覗いてもスマートフォンの液晶画面が拡大されるだけで、仮想現実が現れることはない。“視覚的ペテン”だと同社は断じる。

12
関連キーワード

日本市場がイマイチ盛り上がらないのも当然!? 中国産「VRデバイス」は9割がパチモンだった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

瓜田純士、ネットリンチに物申す

スマートフォンに次ぐ成長産業として期待される仮想現実(VR)デバイスが、中国で驚異的な伸...
写真