日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 女児強制わいせつ犯は中学生だった

7年の時を経て逮捕! 女児強制わいせつ犯は当時14歳の中学生だった

7年の時を経て逮捕! 女児強制わいせつ犯は当時14歳の中学生だった! の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

 7年前、当時11歳の女児に強制わいせつを行った容疑で、シム容疑者(21)が逮捕された。逮捕の決め手となったのは、シム容疑者が現場に吐き捨てた“唾”だった。

 事件は2010年4月11日、仁川(インチョン)市内にあるアパートの階段で起こった。女児に目をつけたシム容疑者は言葉巧みに人けの少ない5階と6階の階段の踊り場に連れ出し、彼女の陰部に手を走らせた。

 シム容疑者はその後、逃走。現場に残されていたのは彼が吐き捨てた唾だけで、警察のDNAデータベースと検証しても該当者はおらず、事件は迷宮入りとなった。

 しかし昨年末、事件は思わぬ進展を見せる。あるバイク窃盗事件の現場から検出された指紋と7年前のわいせつ事件のDNAが完全に一致したのだ。こうして、シム容疑者はバイク窃盗容疑に加え、強制わいせつ罪で逮捕された。

 7年越しの事件解決に、韓国ネット民は「一度犯罪した奴は、同じことを何度も繰り返すんだよ」「中学時代にこれでは、余罪がもっとあるのでは?」と、シム容疑者の余罪の有無を追及する姿勢を見せている。

 性犯罪によって被害者が負った心の傷は深い。最近、韓国のあるネットコミュニティーに、過去に性暴力を受けた女性による苦悩の叫びが書き込まれ、大きな波紋を呼んでいる。

 タイトルは「私を強姦したあなたが結婚するんですね」。内容は、当時、大学に入学したばかりだった女性が、クラブで出会った大学の先輩に無理やり泥酔させられた後、強姦されたというものだ。

 事件後、女性は被害を訴えるも、周囲は学業優秀で仲間内の信頼も厚かった先輩を擁護。むしろ、女性側に問題があるような対応をされたという。

 女性は「たくさん泣いて、たくさん吐いた」ものの、なんとか大学を卒業して、心の平穏を取り戻した。しかし、最近になってこの先輩が結婚したと知ると、再び怒りが込み上げてきたという。

「今さら罪を追及したいとは思わないけど、彼がいつかこの書き込みを見て、私の痛みを知ってほしい」と、苦しい心情を吐露している。

 どんな事件も月日とともに風化していくが、被害者の心の傷はそう簡単に癒えるものではないということを忘れてはならない。

最終更新:2017/04/24 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

7年の時を経て逮捕! 女児強制わいせつ犯は当時14歳の中学生だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

7年前、当時11歳の女子小学生に強制わいせつを行った容疑で、シム容疑者(21)が逮捕され...
写真