日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 童貞のおかげ!?『童貞の世界史』

憲法も、人魚姫も、明治維新も童貞のおかげ!? 世界を動かした「童貞」たち『童貞の世界史』

 この他にも、ルネサンス期を代表する芸術家・ミケランジェロや、高杉晋作・伊藤博文・久坂玄瑞などを育てた吉田松陰、『サグラダ・ファミリア』のアントニオ・ガウディ、『国富論』を記したアダム・スミスなど、歴史を動かしながらも下半身を動かさなかった偉人たちは数多い。古代ローマ時代の英雄であるユリウス・カエサルは、武勇を重んじたゲルマン人の間に「いちばん長く童貞を守っていたものが絶賛される。その童貞を守ることによって身長ものび体力や神経が強くなるものと思っている。二十歳前に女を知るのは恥としている」という風潮があったと証言している。童貞であっても、豊かな想像力を育み、体躯を強靭にし、後世に多大な影響を与えることもできるのだ。

 優れた業績の前に、童貞であるか非童貞であるかは関係がない。現代の日本において、童貞の価値が低いからといって、それをコンプレックスに思う必要は全くないのである。
(文=萩原雄太[かもめマシーン])

最終更新:2016/05/22 18:00
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

憲法も、人魚姫も、明治維新も童貞のおかげ!? 世界を動かした「童貞」たち『童貞の世界史』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

「童貞」であること。それに対してどこか「不完全な人間」というイメージを抱く人は少なくない...
写真