日刊サイゾー トップ > カルチャー  > コミケ・エロ紙袋問題、再浮上

また浮上したコミケのエロ紙袋問題……キモイのは紙袋じゃなく、オマエだ!?

 まず、コミケは無数の人が押し寄せる非人道的なレベルの地獄である。冬コミが大叫喚地獄だとして、夏コミは灼熱が加わるので、大焦熱地獄といったところ。そんな空間に、朝も早くから出かけ、目当ての同人誌やグッズを手に入れて疲労困憊になった帰り道。疲労と共に、早く家に帰って同人誌を読みたいとか、グッズを愛でたいという欲望に心はあふれている。そんなテンションで、紙袋を下げていれば……紙袋がエロくなくても、ちょっとヤバイ人に見えるのは間違いない。少なくとも自分は、そう思われている自覚はある。

 やっぱり何かしら、ポーズだけでも配慮したほうがいいのは間違いないだろう。今回のコミックマーケット90では、同人誌印刷の共信印刷が「雨・埃・人の<視線>から紙袋を保護する」という真っ黒な「紳士袋」を頒布することを告知している。

 これによって、ある程度は配慮できるけど。妙なテンションを、ぐっと抑えないとやっぱりキモさは消えないよな。

 筆者も気をつけようと、思った。
(文=ルポライター/昼間たかし http://t-hiruma.jp/

最終更新:2016/07/23 18:00
12
こんな記事も読まれています

また浮上したコミケのエロ紙袋問題……キモイのは紙袋じゃなく、オマエだ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

8月に開催されるコミックマーケット90を前に、また定番の問題が浮上してきた。 コミケ会場...
写真