日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 世界一危険!?「北朝鮮航空ショー」

金正恩氏“肝いり”の女性パイロット登場に、人民ヒートアップ! 世界一危険な「北朝鮮航空ショー」

moepairoto.jpg萌えパイロットを撮影するマニアたち(北朝鮮対外情報サイト「ネナラ」より)

 6回目の核実験や、長距離弾道ミサイル発射実験の兆候がある北朝鮮。こうした飛び道具の乱発にかかる巨額のコストを補填しようと、9月24、25の両日、元山(ウォンサン)にあるカルマ空港で北朝鮮初の航空ショーが開催された。外貨稼ぎのもくろみ通り、入場料は約3万5,000円と前代未聞の金額。参加者の1人は「死者が出てもおかしくなかった」と、驚異の舞台裏を証言した。

 ミグ21やスホーイ25といった、超レトロな旧ソ連製の機体が初めて公の場に姿を現した北朝鮮の航空ショー。参加者の航空マニアは「外国人は、欧州勢を中心に1,000人ほど。日本人は25人で、全員が入場料3万5,000円を徴収された。ショーは申し分なかったが、これだけ払って、お土産はバスタオル1枚だけだった」と振り返る。

 とはいえ、この航空マニアは「運営側の管理が極めてユルく、あり得ないほど航空機に近づけてサイコーだった」と、それ相応に満足したようだ。

「一応、警備員はいたが、そもそも規制線が滑走路ギリギリの芝生に設定されていた。イリューシン62や同76といった、騒音規制で外国では飛べない航空機が目の前を通り過ぎたときには、轟音で鼓膜が破れるかと思ったほど。また、金正恩党委員長の現地指導を受けた経験のあるミグ21の女性パイロット2人が操縦する機がそれぞれ一通りの飛行を終えて着陸しようとすると、動員されていた人民1万人が滑走路ギリギリまで一気になだれ込み、ヒヤッとさせられた」

 ヒロインの帰還を迎えようという北朝鮮流の歓迎だったようだが、危うくひき殺されるところだったようだ。

 しかし、危ないのは、これだけではなかった。

「お菓子やトウモロコシ、アイスなどの屋台がたくさん出ていて、ポイ捨てされたポリ袋がそこら中に舞い、滑走路のほうまで飛んでいた。また、カルマ空港の滑走路は、日頃はほとんど使われていない様子で、大量の砂ぼこりがたまっていた。そのため、着陸するたびにサンドストームが巻き起こり、西洋人のマニアも『ダスト、ダスト!』と大騒ぎしていた」(同)

 こうしたゴミやら砂ぼこりをジェットエンジンが吸い込む、爆発の恐れもある。入場料だけでなく、事故のリスクも世界一高い航空ショーは、今後も開催されるのだろうか?

最終更新:2016/10/14 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

金正恩氏“肝いり”の女性パイロット登場に、人民ヒートアップ! 世界一危険な「北朝鮮航空ショー」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

6回目の核実験や、長距離弾道ミサイル発射実験の兆候がある北朝鮮。こうした飛び道具の乱発に...
写真