日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > モンスター患者が医師を殺害

モンスターペイシェントが医者や看護師を襲撃! 殺傷事件続発で、病院関係者は戦々恐々

monsterpatient.jpg今回、頭部に重傷を負った看護師。苦痛に顔が歪んでいる様子がうかがえる

 中国で増加する患者とその家族による医師への暴行事件だが、今回もそんなモンスターペイシェントによる、看護師に対する暴行事件が起こった。「人民日報」(11月21日付)によると、四川省成都市にある四川大学華西医院で、看護師が入院患者の薬を準備していたところ突然、患者の家族が暴れだし、看護師に重傷を負わせたというのだ。

 病院側の説明によると、11月20日朝、看護師が呼吸器系内科の病棟に入院している患者の薬の準備のため、治療室にいたところ、患者の息子(45)が暴れながら治療室に入ろうとしたという。周りにいた病院関係者が止めに入ると、「看護師が薬を盗むかもしれない。薬の調合も間違えるかもしれない。俺が監視しないと、何をされるかわかったもんじゃない!」と、無理やり治療室のドアを力任せにこじ開けて入室。暴れ回った際に、室内にいた看護師が突き飛ばされ、ドアに頭を打ちつけて、大けがを負ったというのだ。

 地元メディアが掲載した写真を見ると、なんとも痛ましい。看護師は額部分に4cmにもわたる切り傷を負って大量出血し、8針縫ったという。その上、外傷性くも膜下出血の可能性も疑われ、精密検査を受けている。病院側は看護師への暴行事件として警察に通報し、院内に設置された監視カメラの映像が証拠となって、この男は逮捕された。

 中国の病院では、治療法や術後の対応などをめぐり、不満を持った患者の親族が病院関係者に暴行を働くといった事件が後を絶たない。この事件の2日後にも、山西省の病院で女性医師が、院内で男に刃物で9カ所刺されて重傷を負った。傷は心臓にまで及んでおり、現在も意識不明の重体だという。病院には犯人の5歳になる娘が手足口病で入院しており、病院側と治療法をめぐり、なんらかのトラブルがあった可能性が指摘されている。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

モンスターペイシェントが医者や看護師を襲撃! 殺傷事件続発で、病院関係者は戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

中国で増加する患者とその家族による医師への暴行事件だが、今回もそんなモンスターペイシェン...
写真