日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志がバーニングに苦言

成宮寛貴氏にラップで忠告、松本人志がバーニングに苦言、吉高由里子のポエムが炎上……週末芸能ニュース雑話

記者H さらに松本は、「なんで(テレビが)そこを扱わないのっていうと、たいていの場合、事務所が大きかったり、いろんな問題が出てくるんですよ。でも、そこもしっかりと扱えるようになればいいと思うんです」「触れないことの残念さというか、結局、一番損するのはタレントだと思うんです。(視聴者は)どんどん離れていって、芸能界を誰も信用してくれなくなってくるっていうのが、僕は嫌やなと思います」と、真剣に語っていました。

デスクT 昨年は、ジャニーズのスキャンダルはもちろん、『レコ大』の裏金疑惑とか、有吉弘行と夏目三久の結婚&妊娠報道とか、テレビが黙殺したメガトン級のニュースが多かったからね。

記者H 松本自身、Twitterをやったり、昨年は「Amazonビデオ」でお笑い番組を始めたりと、ネットの利便性を感じているからこそ、テレビの古い悪習に苦言を呈したのかもしれませんね。とはいえ、聖域と思われた『5時に夢中!』(TOKYO MX)ですら、岡本夏生がバーニングに消される時代ですから……。

デスクT テレビが大手プロのヤバネタを扱える日なんて、永遠に来ないだろうね~。特にフジなんて、絶対ムリムリ~。

吉高由里子のポエムにジャニヲタ発狂

yoshitaka0425.jpg

デスクT みんな~。吉高由里子が、変なポエムを綴ってるよ~。

記者H 吉高は5日、「思い込みで決めつけて 蓋開けたら違いましたってなった時 その放った言葉は 何も消えずに 自分自身に戻ってくるんだよ」とツイート。ネット上では3日夜頃から、吉高の“裏アカ流出騒動”が起きており、そのアカウントが関ジャニ∞・大倉忠義との交際を「匂わせている」として、ジャニヲタが「クソ女!」などと吉高をバッシング。今回のポエムは、そんなジャニヲタへの反論にも見えます。

デスクT 吉高と大倉って、本当に付き合ってるのかな?

記者H 昨年7月発売の「フライデー」(講談社)が2人の熱愛を報じたものの、すぐさま大倉が「お友だちです」と否定。しかし、同年10月に再び同誌が、2泊4日のバリ島旅行へ出かける2人をキャッチし、ジャニヲタが「嘘つき!」と発狂しました。

デスクT わあ、今、吉高のアカウント見たけど、ジャニヲタからフルボッコに遭ってるね。「蓋開けたらなんちゃらとか言ってますけど 、 お友達です とか 言ってたくせに バリ島旅行 とか 貴女に言われたくないですね」「放った言葉が返ってくるだなんて、お友達だって嘘をついた張本人であるあなたに言われたくありません」「いちいちこーゆーことかくからダメなんですよ」だって。ジャニヲタ怖い~。


1234
こんな記事も読まれています

成宮寛貴氏にラップで忠告、松本人志がバーニングに苦言、吉高由里子のポエムが炎上……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

デスクT あんなに大騒ぎだったナリの話題も、すっかり落ち着いちゃったね。本人もすっかり“...
写真