日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 異色のグルメ漫画『デパ地下!』
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

正体不明の老人がバシバシお悩み解決! 異色のグルメ漫画『デパ地下!』

「デパ地下で 試食しすぎて 出禁かな」(デパ地下川柳)

 みなさんは最近、デパ地下に行ってますか? 特に週末になると、デパートのお総菜コーナーってにぎわいますよね。さらに催事場では「北海道うまいもの展」だの「駅弁祭り」だの「ご当地グルメ選手権」だのといった物産展がしょっちゅう開催されて、とんでもない行列ができますし、景気のよくない話が多いデパート業界にあって、いまだにグルメだけは勢いがあるのですが、そこにはデパート担当者の並々ならぬ苦労があるわけで……。

 そんなわけで、今回は読むだけでデパ地下ビジネスの秘密がわかる……かもしれないマンガをご紹介したいと思います。その名も『デパ地下!』 。

 まずは、デパ地下について軽くおさらいしておきましょう。昨今のデパ地下ブームを語るための重要キーワードとして、「中食」というものがあります。中食とは、外食と内食(家で料理を作って食べる)の中間で、お店で売っているお総菜などを買って家で食べる形態のことです。不況の煽りで外食が減り、その分、中食へシフトしているという話はよくニュースで聞きますね。

 そして、そのお総菜がめっちゃ売られてる中食キングダム状態なのが、ご存じデパ地下です。そもそも、なぜデパートの地下フロアに食品売り場が多く集まるのでしょうか? その理由はいくつかあるようです。

・水回りやガス、電気などの厨房設備が、上階より低コストで設置できる
・地下鉄駅や地下駐車場からダイレクトに集客できる
・食品売り場に集めた客を上層階へ誘う「噴水効果」が期待できる

 なるほど、噴水効果! 勉強になりますね。要するに、メントスコーラみたいなもんでしょうか。とにかく、そんな魅惑のグルメスポット、デパ地下に焦点を当てたグルメマンガが、この『デパ地下!』 というわけなのです。

 では、ストーリーをご紹介しましょう。主人公は老舗デパート伊勢崎屋の社員、山本勇太(30)です。勇太は広告宣伝部に所属していましたが、ある日、伊勢崎屋立浜店のデパ地下主任を命じられます。


123

正体不明の老人がバシバシお悩み解決! 異色のグルメ漫画『デパ地下!』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

ヴァンゆん炎上、シバターの美学

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

「デパ地下で 試食しすぎて 出禁かな」(デパ地下川柳)  みなさんは最近、デパ地下に行...
写真