日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 【珍スポ】ファンタジー童話村
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.17

トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」

トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」の画像1夢であってほしい

 童話村のことを聞いた時は、正直「またか……」という思いしかなかった。

 お年寄りしかいない寂れた町や、いわゆる貧民街を、「アート」と称する派手なばかりの壁画で埋め、観光客を呼び込もうとする手法は、韓国では実にありがちだ。

 前回の碑石文化村(参照記事)のように、日本人の墓石の1つや2つあればいいのだが、壁画だけでは珍スポと言うには物足りず。むしろ美大生が描いたようなしょぼいイラストで、せっかくの趣が台無しになった古い町を数多く見てきたものだ。

 だから仁川駅前の「松月洞(ソンウォルドン)童話村」も、似たり寄ったりだろうとタカをくくっていた。

 しかし、その町が近づくにつれて、私の思いは間違っていたことを知る。

トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」の画像2ゲートの向こうは童話村。遠目に見ても、浮かれっぷりが異常
トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」の画像3城まで建てちゃう?
トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」の画像4一般住宅が並ぶ細道までハイテンション

 壁画だけにとどまらず、町の至るところに、ものすごい密度で立体物が投入されている! これはアートなんかじゃない。むき出しのファンタジーそのものだ。

 そして特筆すべきなのは、店舗がある大通りばかりではなく、一般住宅しかない細い通りまでファンタジーに侵食されているということ。住民たちは、どんなテンションで毎日を過ごしているのだろう?


123
関連キーワード

トリップ必至!? 濃厚すぎるファンタジーワールド「松月洞童話村」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

童話村のことを聞いた時は、正直「またか……」という思いしかなかった。 お年寄りしかいない...
写真