日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > インドでカニバリズム事件が続発

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発

konbini0226.jpgイメージ画像(Thinkstockより)

 女優・清水富美加の電撃出家の一因は、彼女が出演する映画での人食シーンへの抵抗だったともされているが、インドではホラー映画をも凌駕する凄惨なカニバリズム事件が発生した。

 英タブロイド「THE SUN」によると、同国北部のウッタル・プラデーシュ州ピリビートに住む20代半ばのナジーム・ミヤンという男が、外で遊んでいた7歳の男児を自宅に誘い込んで殺害。頭部を切断して内臓をえぐり出した上、その一部を食べるという猟奇的行為に及んだのだ。ミヤンの母親が、まさに彼が遺体にかぶりついているところを発見したという。

 通報を受けて駆けつけた警察官は、「床の上に横たわる遺体の傍らに、切断された頭部があった。腹部の皮膚は引き裂かれ、内臓や血痕が部屋中にまき散らされていた」と、現場の凄惨な状況を語っている。

 ミヤンはこの時、遺体のそばに座っており、抵抗を見せることなく、警察に逮捕されたという。

 その後、連行された警察署は、事件を聞きつけ、ミヤンに私刑を与えようと集まった群衆に取り囲まれ、一時騒然となった。

 警察の取り調べに対し、ミヤンは支離滅裂な言葉を繰り返すばかり。薬物常用者だったという情報もあり、公判での真相究明が待たれるところである。

 ちなみに同国北西部のパンジャーブ州では1月、16歳の少年が9歳の男児を殺害して肉や血を食らうという事件が起きたばかり。

 続発する食人事件について、バックパッカーとしてインドに長期滞在する男性はこう話す。

「インドでは、貧困層や若者の間で質の悪い薬物がまん延していて、中毒者による凄惨な猟奇殺人が頻発している。たまたま“食人”という刺激的なキーワードがあったために国際的ニュースとなっただけで、地方紙にも扱われない猟奇殺人は数多い」

 経済的には大国にのし上がりつつあるインドだが、名実ともに先進国となるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

最終更新:2017/06/12 12:12

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

女優・清水富美加の電撃出家の一因は、彼女が出演する映画での人食シーンへの抵抗だったともさ...
写真