日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 嵐・櫻井の熱愛発覚“半公認”で……
週刊誌スクープ大賞

嵐・櫻井翔とテレ朝『報ステ』小川彩佳アナの熱愛発覚 事務所も親も“半公認”で……

 さて今週の第1位は久々のポストのスクープである。

 嵐の櫻井翔とテレビ朝日『報道ステーション』の人気アナ・小川彩佳だから、なかなかのものである。週刊ポストセブンによれば、こうである。

「2月14日のバレンタインデー。『報道ステーション』(テレビ朝日系)の放送終了から約1時間後の深夜0時過ぎ、会社から出てきた小川彩佳アナウンサー(32)は周囲を窺いながらテレ朝近くの路地裏に小走りで駆け、暗がりに停車していた高級車の助手席に飛び乗った。運転席にいたのはアイドルグループ『嵐』の櫻井翔(35)だった。櫻井はマスクを外すと一瞬顔を寄せ合った。そのまま車は急発進し、櫻井の自宅方面へと消えた。それから10数時間後の15日午後4時。前夜と同じテレ朝近くの路地裏に櫻井の車が停車。助手席から降りた小川アナは名残り惜しそうに何度か振り返りながら、テレ朝社屋へ入っていく。櫻井はルームミラーでしばらく小川アナを見つめると、マスクを付けて車を走らせた。

 さらに、その翌日(16日)。報ステ終了後の午後11時半、小川アナは番組スタッフと思しき男性ら数人と、深夜営業の焼肉店へと向かった。報ステ関係者が言う。

「この日は、1月にトランプ大統領の就任式を現地取材した小川をねぎらう会だったようです。約1週間の滞在で、彼女はかなり成長しました。上司らに“小川は報ステに欠かせない存在になった”などと言われて、ジョッキに入ったハイボールを何杯もおかわりしていたようです」

 お開きになったのは17日の午前4時半。小川アナは上司のタクシーに同乗し、自宅へと帰った。

 しかしその後、櫻井がお祝いを持って訪ねてきたそうだ。双方の事務所も、親しく付き合っていることは匂わせている。いいカップルだと思う。ポストが発売された夜の『報道ステーション』を興味津々で見た。

 心なしか、小川アナはやつれたかな? いつもより緊張気味だった。両親公認だそうだから、お幸せに。

【巻末付録】

 ポストは巻頭「谷桃子 温泉で濡れて、濡れる」。後半は「写真家・中村登と女優・アイドルの時代」「中島はるみ未発表ヌード」。袋とじは「伝説の美少女AV女優 秋元ともみ」。

 現代は「元秋田朝日放送の人気アナウンサー 塩地美澄」。後半は「第三次緊縛ブームがきた!」「あべ静江 青春のマドンナ」「16年のMVPグラビアアイドル 平嶋夏海」「ギリギリガールズ荒井美恵子」。袋とじは「女性器で性格がわかる『陰門』占い」エゲツなさでは現代だろうな。

 勝者は現代にしとこう。
(文=元木昌彦)

最終更新:2017/02/28 21:00
12345
こんな記事も読まれています

嵐・櫻井翔とテレ朝『報ステ』小川彩佳アナの熱愛発覚 事務所も親も“半公認”で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

今週の注目記事・第1位「嵐・櫻井翔と『恋人』テレ朝女子アナ[熱愛追跡11日間の全写真]」...
写真