日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 「ウナギオナニー」女が緊急逮捕
行為後、ウナギは“昇天”したそうです

生きたまま膣に挿入! 「ウナギオナニー」生配信女が緊急逮捕

生きたまま膣に挿入! 「ウナギオナニー」生配信女が緊急逮捕の画像1イメージ画像(足成より)

 セーラー服を着たコスプレ女性が獣姦プレイを配信するなど、中国における過激な生動画配信は本サイトでも何度かお伝えしてきた。だが、当局の規制強化にもかかわらず、一向に収まる気配がない。むしろ過激さを増しているようで、とうとう当局が重い腰を上げた。

「南都原創」(5月9日付)によると、過激な内容の動画を生配信したとして、計12人の女性が逮捕されたという。当局が動いた理由は、うち1人の過激なプレイにある。彼女は自慰行為をしている様子を生配信していたのだが、ただのオナニーではなかった。

 動画を見てみると、まず登場するのは、ニョロニョロと動くタウナギ。全裸の彼女は、体長50センチほどもあるこのタウナギを器用に捕まえ、コンドームをかぶせたかと思うと、おもむろに女性器に挿入! 彼女の表情はうかがい知れないが、相当な膣圧だったようで、タウナギは行為後に“昇天”してしまったという。

 逮捕の一報を受け、中国ネット民からは「エロよりも、まずは自分たちを取り締まれ。中国で最も腐敗しているのは、役人の犬どもだ」「役人は愛人を囲って隠し子だっているのに、庶民はエロ動画を見ながらオナニーすることさえ許されないのか」などと批判コメントが殺到。過激配信の取り締まり強化に、強い不満が噴出しているようだ。

 それにしても、昨年あれほど社会問題化しながら、なぜこうしたエロ動画配信は後を絶たないのだろうか? 中国のネット配信運営会社のある幹部は「エロがなければ生き残っていけない」と苦悩を明かす。

「和訊」(5月10日付)によると、2016年時点で生配信サービスを提供する会社は200社を数え、配信ユーザーのアカウント数は3億4,400万を超えるという。市場規模は213億元(約3,515億円)で、中国・方正証券の予測では、2020年には600億元(約9,900億円)に達するという。伸びしろは非常に大きいが、これだけプレイヤーの数が多いと、ほかとの差別化を図るしかない。手っ取り早くライバルを出し抜くためにはエロが不可欠になっており、サイト側も黙認しているというのが現状のようだ。今後、中国の生配信サービスは、エロ以外で勝負できるコンテンツを生み出すことができるかどうかが課題となりそうだ。
(文=中山介石)

最終更新:2017/05/12 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

生きたまま膣に挿入! 「ウナギオナニー」生配信女が緊急逮捕のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

セーラー服を着たコスプレ女性が獣姦プレイを配信するなど、中国における過激な生動画配信は本...
写真