日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 「逆ナン→即ハメ」を生配信

報酬は約600万円! 中国人美女が「逆ナン→即ハメ」を生配信

報酬は約600万円! 中国人美女が「逆ナン→即ハメ」を生配信の画像1顔出しは半分だけだが、なかなかの美貌。周囲の目も気にせず、野外で立ちバックされていたという

 中国のライブ動画配信サービスで、カネ儲け目的の淫行が後を絶たない。先日、生きたタウナギでオナニーする様子を生配信した女が逮捕されたことをお伝えしたが(参照記事)、今度は逆ナンしてそのまま野外セックスに及んだ上、一部始終をネットで生配信する女が現れた。

「石家庄伝媒網」(5月12日付)などによると、広東省河源市に住む彼女は以前からエロ配信を行っており、視聴者から高い人気を誇っていたようだ。彼女のものとされる写真を見る限り、なかなかの美貌であることが確認できる。

 そんな彼女、「視聴者からプレゼントされるアイテムが37万に達したら、外に出て逆ナンをする」と公約した。ちなみに、このアイテムをひとつ受け取ると、配信者には1元(約16円)の収入となる。

 そしてその条件は、やすやすと達成されたのだった。37万元(約592万円)を手にした彼女は、視聴者との約束を果たすべく、街に繰り出したのだ。

 まず向かったのはスーパーで、オーナーを誘惑するが、怖がられ、断られてしまう。再び夜の街へ出ると、視聴者に「どっちの道に行ったらいいと思う?」などと語りかけながら歩く。すると、ほどなくしてバイクタクシーの運転手を発見。チャンスとばかりに「ただでヤラない?」と持ちかけると、男性は首を縦に振った。2人は、すぐに人けの少ないところへ移動。ハメ撮りを念頭に置いて、きちんと光源のある場所を選んでいるところが抜け目ない。

 そして、彼女はおもむろに男性の性器をくわえたのち、立ちバックでハメられた。喘ぎ声は大きく、周囲に気づかれることをまったく恐れていないようだった。同記事によると、彼女が「逆ナン→即ハメ」に及んだのは、これが初めてではないという。

 つい20年ほど前までは、人前で口紅を差すだけでもはばかられたという中国人女性だが、性の解放はどこまで進むのやら……。
(文=中山介石)

最終更新:2017/05/18 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

報酬は約600万円! 中国人美女が「逆ナン→即ハメ」を生配信のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

中国のライブ動画配信サービスで、カネ儲け目的の淫行が後を絶たない。先日、生きたタウナギで...
写真