日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『母になる』最終回に唖然のワケ

沢尻エリカ『母になる』最終回の茶番に唖然!“出オチ脚本”に「期待した私がバカだった」の声

アムロの力技で大団円!

 前回のラストシーンで、三段跳びの助走のような走り方で麻子(小池栄子)を追いかけていた結衣(沢尻)ですが、結局間に合わず。麻子は長距離バスでブーンと石川県に行ってしまいました。

 石川県に移り住んだ麻子は、児童相談所の所長の勧めでメンタルカウンセリングを受けることに。そこで、自分が「早く孫を見せろ」厨の毒親に育てられたことをようやく自覚。同時に、自分は広の母親じゃなかった……ということにも気付きます。

 さらに、麻子は柏崎家に紹介してもらった旅館で働き始めるも、過去(前科?)を知った従業員から煙たがられ、クビに。

 心の拠りどころだった母親の幻想にも裏切られ、広もあっさり結衣の元へ行き、前科のせいで職も失い、石川県に取り残された中年独女・麻子。なんかもう、次は風俗に行きそうな状況で、どんよりします……。

 そんな中、広が出場する中学校のマラソン大会を、一家総出で応援しようとする結衣。一方、片思い中の高校生に彼氏がいることがわかった広は、ショックのあまり結衣に「(応援に)誰も来ないでよ! 絶対来るな!」と八つ当たり。すぐに家族会議が開かれるも、莉沙子(板谷由夏)が「そのマラソン大会、保護者は誰も応援に来ないらしいよ」との情報を放ったため、じゃあ誰も行かないとなりました……と、もうこの辺な流れはグッダグダでした。家族会議のシーンなんて、最後だからみんなが集まった画が欲しかっただけだと思います。

 マラソン大会当日、広が走っていると、ゴール付近に「行かない」と言っていたはずの結衣の姿が。さらに、そこへ結衣からマラソン大会の案内状をもらっていた麻子も合流。広は会話もそこそこに教室へ戻っていき、結衣と麻子2人きりに。

 結衣が、「なんでもない日常が、どんなに幸せなことか。あなたに奪われた9年間がなければ気付かなかった。ありがとう」「あの子を育ててくれて、ありがとう」と感謝を伝えると、麻子は涙。結衣は「あなたを許すときが来たら、広を連れて会いに行きます」と言いますが、麻子は最後まで旅館をクビになったことを言いませんでした。

 で、平和な日常と共に、安室奈美恵が歌う主題歌「Just You and I」がいい感じで流れて終了。ラストは、縁側でうたた寝する陽一(藤木直人)と広に、結衣が「こんなところで寝てると、風邪引くでしょー!」と言う日常のシーンでした。


123
こんな記事も読まれています

沢尻エリカ『母になる』最終回の茶番に唖然!“出オチ脚本”に「期待した私がバカだった」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

沢尻エリカ主演の『母になる』(日本テレビ系)のどらまっ子レビューも、いよいよ最終回。平均...
写真