日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『母になる』最終回に唖然のワケ

沢尻エリカ『母になる』最終回の茶番に唖然!“出オチ脚本”に「期待した私がバカだった」の声

実は怖い『母になる』

 アムロちゃんの“いい感じの歌”という力技で、大団円のような雰囲気でまとめた『母になる』ですが、実は麻子を不幸のどん底に放り落とした残酷な脚本でした。これまでも平和ちっくな演出で人の不幸を描いてきた制作サイドですが、最終回ではサイコ的な恐怖を覚えました。後味は悪いです。

 で、このドラマは何を描いていたのか? という話になってくると思うのですが、おそらく「さあ、いろんな母親を出しましたよ~。視聴者の皆さん、それぞれに思うところがあったでしょ~」という放り投げドラマなんだと思います。問題はあるけど、答えはないという。

 なので、多くの視聴者が期待していたような展開は、特に後半ではほとんど見られませんでした。お笑いでいうところの“出オチ”的な感じ。そして、麻子の事件の詳細は明かされず、結衣を追い回していたジャーナリストも姿を消し、何かとてつもないことが起きそうな雰囲気だけビンビンに出したまま、視聴者はテレビの前に放置されました。

 ですので、最終回を見た多くの人が「期待した私がバカだった」か、「結局、何が言いたいわけ? ぷんぷん」という感想だったと思います。

 そんな中、ただ一つだけ、最終回ではっきりと提示されたことが。それは、広の同級生が言い放った「きれいだなあ、お前の母ちゃん」というセリフ。そう、もし沢尻が母親だったら、同級生からうらやましがられるんです。沢尻はきれい。はい、そんな『母になる』でした。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

最終更新:2017/06/15 23:00
123
こんな記事も読まれています

沢尻エリカ『母になる』最終回の茶番に唖然!“出オチ脚本”に「期待した私がバカだった」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

沢尻エリカ主演の『母になる』(日本テレビ系)のどらまっ子レビューも、いよいよ最終回。平均...
写真