日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 韓国珍スポ「江華SEX博物館」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.19

日本初公開! 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像1作品名は「ヨガ」

 まだ日本のメディアやブロガーには知られていないだろうと思われる、韓国珍スポライターとっておきの秘宝館を紹介したい。ソウル西部の江華島(カンファド)にひっそりと存在する、「江華セックスミュージアム」がそれだ。

 ソウル中心部の新村から2000番のバスに乗り、約2時間。パワースポットとしても知られる摩尼山(マニサン)入り口のバス停で降車し、来たのとは逆方向にちょっと歩くと、畑の中に派手な垂れ幕が現れた。

 その先には「GSM」と、アートな様子で壁に描かれた真新しい建物がたたずんでいる。最初は何かわからなかったが、よくよく考えたら「江華(G)」「セックス(S)」「ミュージアム(M)」の頭文字だ。

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像2GSM!

 なお、この私設博物館は「世界春画博物館」という看板も掲げており、どっちなのかはっきりしてほしいところだが、そのGSMがあまりに神々しかったので、この原稿では「江華セックスミュージアム」に統一させていただく。

 植木の間にミロのビーナスやらモアイ像やらマネキンやらが乱立する、夢があふれる不穏な小道を進む。すると奥の建物から、宮崎駿先生を連想させる、髭と眼鏡のロマンスグレーの男性がひょこっと登場。素敵な笑顔で「不思議な博物館へようこそ!」と迎えてくれた。彼こそが館長、オ・ジヨルさんだ。

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像3素敵な笑顔

 入場料7,000ウォン(約700円)を支払い、見学を開始。1階は教室ぐらいの大きさとなっており、性をモチーフにした世界の民俗品を始め、伝統的な春画、大人のおもちゃ、性器のついたヤカンや杖、木彫りの像などが、洋の東西を問わず展示されている。

 歴史的なものもチープなものもごった混ぜで、中には高そうな器やスフィンクスなどエロとはまったく関係なさそうな展示物も並び、統一感は何もない。しかし、ひとつひとつをじっくり眺めていると、宇宙から地球を俯瞰しているようでまったく飽きない。


123
こんな記事も読まれています

日本初公開! 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

まだ日本のメディアやブロガーには知られていないだろうと思われる、韓国珍スポライターとって...
写真