日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 韓国珍スポ「江華SEX博物館」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.19

日本初公開! 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像4地球はピンク色だった!
日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像5これでお茶飲みたくない
日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像6「恥ずかしいの、触らないで!」とある。それにしても達筆

 目の前に繰り広げられる視覚情報とは異なり、館内には映画『タイタニック』のテーマ(インスト版)らしきものが流れており、耳はさわやかだ。

 次は階段を上り、2階へ。そこには1階と同じ大きさのワンフロアがあり、壁一面に世界160カ国の春画が印刷されたタイルがずらりと並んでいる。その数なんと5,000点もあり、壮観な眺めだ。

 わざわざタイルにして焼かなくてもと思う一方で、行ったことのない国の個性あふれるエッチな絵に、「ウルグアイって、触手×鋼鉄スーツ×尼が好まれるのか……」など想像をかきたてられる(たぶん間違っている)。

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像7タイルのほかにも日本のエロ漫画、昭和なエロ本、世界のエロトランプ、ネットから拾ったような作品まで、さまざまな絵が飾られる

 またこの部屋にも、セクシーなオブジェや小物が所狭しと展示されている。中でも目を引いたのは、どこかで見たことのある海賊の等身大の像(性器まる出し)や、ヨガのポーズをとるガンジーみたいな人の像(性器まる出し)。これって、大丈夫なのだろうか?

日本初公開? 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」の画像8のびるところが違う

 1階と2階の見学を終えたら、館長の強烈な存在感のために思わず見損なった、博物館前の庭園へ。緑あふれる庭園には、性器が異常に強調されていたり、先っぽから水が噴き出したりと、セクシーながらもどこかマヌケな石像がものすごい密度で並んでいる。


123
こんな記事も読まれています

日本初公開! 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

まだ日本のメディアやブロガーには知られていないだろうと思われる、韓国珍スポライターとって...
写真