日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸人の意外な“不動産事情”

ザブングル・加藤歩の家は7,600万円! ほかの芸人の意外な“不動産事情”とは……?

『ザブングル 単独ライブ ~呆~』(ジェネオン エンタテインメント)

 お笑いコンビ、ザブングルの加藤歩が『有吉弘行のダレトク!?』 (フジテレビ系)に出演し、ベテラン不動産鑑定士による自宅の査定に挑んだ。加藤は、 2011年に三軒茶屋に6,800万円の新築住宅を購入し、 現在の査定価格は7,600万円に上昇しているという。

 これを受け、ネット上では「加藤ってそんなに稼いでいるのか」「 ローン払えるのかよ」といった声が相次いでいる。

 加藤といえば「カッチカチやぞ!!」「悔しいです!!」 などのギャグで知られ、コンスタントにテレビ出演しているものの、 ブレークを果たしているとは言い難い。 さらに所属のワタナベエンターテインメントは、 ギャラ配分が事務所7芸人3といわれ、 業界の中では吉本興業についでギャラの取り分が少ない事務所である。そんな状況で果たして都内の一等地に家を持てるのだろうか。

「芸人は人気に左右される不安定な職業なので、 ローン審査は通りにくいといわれています。 しかし加藤は35年ローンを組んでいるようですから、 奥さんが定職を持っているといった事情が考えられるかもしれませ ん。さらに頭金だけで2,000万程度を用意したとみられ、このようにある程度まとまった金額を払えるのは芸人ならではでしょう。 さらに加藤の場合、キャラクターが立っているので、 テレビに出なくとも営業の需要があり、 一定の稼ぎは生み出させるといえるでしょう」(業界関係者)

 加藤に限らず、芸人の中には不動産を持つ人間は多い。

「プロレスラーでアイドルの加藤悠との復縁騒動で知られるコウメ太夫は、 ブレーク時の収入をつぎ込んで5,000万円のアパートをキャッシュで3,000万円、残りをローンで購入しています。 現在はその家賃収入があるため、芸人の仕事はカツカツでも、 毎月一定の収入は確保されているようです。 TIMのレッド吉田も現在は副業として不動産投資を行っており、 順調に利益をあげています。 そのキャリアを生かして現在はコラム執筆も行っていますね」(同)

 大物では、ダウンタウンの松本人志による“土地転がし疑惑”が「 週刊新潮」(新潮社)に報じられたのが記憶に新しい。 何かと不安定な立場の芸人にとって、 不動産投資は安心材料の一つなのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/10/27 11:16
こんな記事も読まれています

ザブングル・加藤歩の家は7,600万円! ほかの芸人の意外な“不動産事情”とは……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真