日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 和牛ラジオ最終回の異様な“通常放送”

和牛解散、『モーモーラジオ』最終回の異様な“通常放送”に感じた現在のコンビ関係

和牛のモーモーラジオ | 文化放送

 29日深夜、3月末で解散が決まっている和牛の冠番組『和牛のモーモーラジオ』(文化放送)が最終回を迎えた。

 昨年12月に解散が伝えられ、以降の漫才出番はすべてキャンセル。『モーモーラジオ』は、貴重な和牛のコンビ活動の場として継続していたが、当の3月末を迎えていよいよ終了となった。

 解散報告があってからというもの、『モーモーラジオ』には常にゲストが呼ばれていた。バイク川崎バイクや見取り図などの芸人仲間が出演し、まるで何事もなかったかのように「通常モード」での放送が続いたが、和牛が2人きりでの会話を避けようとしているのは明らかだった。

 この日の最終回も、2人のコンビ結成のきっかけになったバイクと、ユニット「アキナ牛シュタイン」で活動をともにしてきたアインシュタインがゲスト出演。「アキナ牛シュタイン」の前身である「ソーセ牛シュタイン」が結成されたのは15年前だ。バイクとアインシュタインは、和牛というコンビの芸歴のほぼすべてを見てきた芸人である。和牛のキャリアのハイライトだった『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、アインシュタインはずっと準決勝で涙をのんできたし、バイクはずっと前説をしていた。

 そんな5人が、他愛もない話をしている。マッチングアプリがどうした、我々のころはいかがわしいものだったよな、出会い系とか呼ばれてな。『モーモーラジオ』の最終回で、そんな話をしているのだ。普通に笑っているのだ。

 まったく普通じゃない放送なのだ。

 残り数分になって、ようやくバイクが切り出す。ここまでずっと、バイクが会話を回している。

「和牛を組ませたBKBとしては、通常運転が、ありのままの最終回がいいのかなとは思っております、ほんとに」

 これを受けて川西賢志郎がいかにも流暢に話し始める。

「約5年半ですかね、みなさん聞いていただいてありがとうございました。今後はわかりませんが、文化放送さんに来ることはあるかもしれへんしね、アインシュタインのラジオもね、文化放送で引き続きやっていきますし、文化放送でバイク川崎バイクもけっこうお仕事してますしね、そのへんも聞いていただけたらと」

 川西から、和牛に関しての言及はない。しびれを切らしたように、バイクが催促する。

「なんか一言ずつくらいちょうだいよ、最後に。別にいいこと言わんでいいから、マジで」

 それはすべての和牛ファンの思いを代弁する言葉だったはずだ。何か一言くらい、マジで。

「今、それを言うてたやん」それが川西の答えだった。文化放送でアインシュタインとバイクのラジオを聞いてくれ。それ以上、何も言うことはないということだ。

 水田信二には、発言の間すら与えられなかった。

 解散が伝えられた直後、スーパーマラドーナ・武智がYouTubeで明かしていたエピソードを思い出す。

 発表直前に水田から電話がかかってきたという武智は、率直に理由を尋ねたのだという。

「コンビ関係がもう、壊れてまして……」

 それが水田の答えだった。

(文=新越谷ノリヲ)

新越谷ノリヲ(ライター)

東武伊勢崎線新越谷駅周辺をこよなく愛する中年ライター。お笑い、ドラマ、ボクシングなど。現在は23区内在住。

n.shinkoshigaya@gmail.com

最終更新:2024/03/30 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真