日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 91時間勃起して5.7億円訴訟

「勃起したまま91時間→回復不可能な障害」米・囚人が5.7億円を求めて訴えた“チン訴訟”の行方

ランスさんの逮捕時のマグショット(ピッツバーグ郡検察部より)

 弁護士の数は日本の約30倍、民事訴訟の年間件数は日本の100倍以上という、まさに訴訟大国のアメリカで、またまた“チン訴訟”が勃発した。

 米「デイリーニュース」などによると、元囚人の男性が、陰部の勃起が収まらなかったにもかかわらず、看守らが適切な処置を怠った上に嘲笑されたと、刑務所を訴えたのだ。

 男性の名はダスティン・ランスさん(32歳)で、不法侵入と禁止薬物所持で有罪判決を受け、昨年12月にオクラホマ郊外の刑務所に服役していた。

 ランスさんは、収監初日の12月15日、ほかの囚人からもらった正体不明の錠剤を飲んだところ、陰部の勃起が数日にわたって収まらなくなり、耐え難い痛みを覚えた。そこで、看守らに助けを求めたものの、嘲笑を繰り返すばかりで、なかなか治療を受けさせてもらえなかったという。

 ランスさんがようやく医務室に行くことを許されたのは、勃起が始まって91時間が経過した19日のこと。しかし、医務室の医師では処置が不可能で、「直ちに泌尿器科専門医に見せるべきだ」と、看守らに訴えたという。

 しかし看守らはこれにも聞く耳を持たず、ランスさんをそのまま牢獄へと連れ戻してしまった。

 ランスさんは、この日のうちに釈放されたものの、弁護士によると彼は「回復不可能な障害」を負ったとのこと。

 そこで刑務所や看守を相手取り、身体的被害や、憲法で認められている市民権の侵害について総額500万ドル(約5.7億円)の賠償を請求する訴訟を起こしたのだ。

 同刑務所を所管する同州ピッツバーグ郡は、今のところ、この件に関しコメントを出していないという。懲罰的損害賠償制度が存在するアメリカでは、日本ではありえないような訴訟で巨額賠償金の支払い命令が下る例も数多い。今後の成り行きに注目したい。

最終更新:2017/11/27 19:22
関連キーワード

「勃起したまま91時間→回復不可能な障害」米・囚人が5.7億円を求めて訴えた“チン訴訟”の行方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真