日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > “ハゲ芸人”豊田前議員急襲の舞台裏

あの“ハゲ芸人”が、豊田真由子前衆院議員を「急襲」した舞台裏を激白!「一般人として扱われ……」

トップ・カラー オフィシャルサイトより

“ハゲ”ネタでおなじみの漫談家・ユリオカ超特Qが11月4日、都内で行われたお笑いライブに登場。先の衆院選で“ハゲの天敵”豊田真由子前衆院議員を「急襲」した舞台裏を語った。

 豊田氏といえば、元秘書への「このハゲー!」などの暴言騒動で自民党を離党。先の衆院選では無所属で立候補したが、落選していた。

 その選挙戦が佳境に入った10月20日朝のことだった。選挙運動中の豊田氏に、頭のはげた男性が駆け寄り、「ハゲは怒ってます」と苦言を呈する場面が情報番組『ビビット』(TBS系)で放送されたのだ。

 豊田氏は狼狽しながら、「うちの夫もそうなので……」などと対応。声をかけた男性は「じゃあよかったです。(ハゲを)代表して許します」と握手した。

「番組では女性リポーターがその男性を直撃するも、あくまで一般人として扱っていました。しかし、めざとい視聴者が『ユリオカさんじゃねえか』『ユリオカさんが面白すぎて吹いた』とネット上でコメント。ネットニュースでも取り上げられるほど話題となりました」(芸能ライター)

 今回のお笑いライブで、ユリオカは、この件に言及。その顛末をこう明かしていたという。

「ユリオカさんは、一度は“ナマ豊田氏”を見てみたいと思い立って、選挙事務所にスケジュールを確認。早朝から豊田氏を待ち構えていたそうです。『ビビット』と鉢合わせたのは本当に偶然だったそうで、番組スタッフには自分が一般人でないことを目で訴えかけたそうですが、認識されていなさそうな空気を察知、そこで一般人を演じることに切り替えた。オンエアで使われるために、芸人人生で初めて、わざとヘタに受け応えして“一般人らしさ”を演出したそうです。ネットで話題になったことで、ユリオカさんを知らない人は名前を検索して調べようとしたはず。ところが、画像のトップにはユリオカさんとよく似ていると言われるイジリー岡田さんの顔が間違って上がっているため、知名度アップにはつながらなかった、とボヤいていましたよ」(観客の一人)

 落選した豊田氏だが、「ハゲの代表」との歴史的和解を果たせただけでも、立候補した意味はあった……かも!?

最終更新:2017/11/07 06:00
関連キーワード

あの“ハゲ芸人”が、豊田真由子前衆院議員を「急襲」した舞台裏を激白!「一般人として扱われ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真