日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 強盗犯が自分のソーセージを……

【痛すぎ!】ホットドッグ店に押し入った強盗犯、逃走中に自分の“股間のソーセージ”に拳銃を誤射……

※イメージ画像

 まるでギャグのような事件が、米シカゴで発生した。

 事件を報じた地元紙「シカゴ・トリビューン」によると、現場は24時間営業のホットドッグ店で、人けの少ない朝6時ごろ、ポインシーという名の19歳の男が小口径の拳銃を持って強盗に押し入ったという。

 ポインシーは拳銃を振りかざし、そのとき店内で働いていた2人の男性従業員を脅すと、レジの金を出すよう要求した。店員がそれに応じて現金を差し出すと、ポインシーは、さらにその店員のポケットからスマホと財布を奪い、そのまま逃げ去ろうとした。

 ところがポインシーは逃げる際に、持っていた拳銃をズボンのポケットに入れようとし、誤って引き金を引いたのか、銃が暴発。ポインシーはそのまま逃走したものの、ついに走れなくなり、自ら携帯電話で「銃で撃たれた」と通報したというのだ。

 現場に駆けつけた警官が、ズボンを血まみれにしてもだえ苦しむポインシーを発見。緊急搬送された病院での検査により、太ももとペニスが撃ち抜かれていたことがわかった。

 ポインシーのペニスの状況がその後どうなったのかは報道されていないが、いくら小口径とはいえ、至近距離から弾丸を受けてしまった以上、まともな状態ではないだろう。

 ちなみにシカゴスタイルのホットドッグは全米でも有名で、その特徴は、100%ビーフのソーセージを使うこと、そこにレリッシュやセロリーソルトなどいくつかの決まった具が入り、ソースはマスタードのみ。ケチャップは決して使わないのだという。

 そのシカゴの流儀に反し、自らのソーセージを真っ赤に染めてしまったポインシー。今はまだ入院中で、裁判に出ることができない状態となっている。

最終更新:2017/11/27 12:05
こんな記事も読まれています
関連キーワード

【痛すぎ!】ホットドッグ店に押し入った強盗犯、逃走中に自分の“股間のソーセージ”に拳銃を誤射……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真