日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 亡命ユーチューバーがロリコン擁護

「ロリコンに人権を!」米国で声を上げた亡命ユーチューバーに大バッシング

渦中のエイモス・イー(メール・オンラインより)

 かつて、10代の時に政府批判をして投獄されたことのあるシンガポール人ユーチューバーが、今度は亡命先のアメリカで、小児性愛者を擁護する主張をネット上で繰り広げ、大バッシングを受けている。

 エイモス・イー(20)は、2015年3月にシンガポールの建国の父であるリー・クアンユー元首相が亡くなった際、同氏を非難・侮蔑する動画をYouTubeにアップロードしたことで逮捕、4週間の禁錮刑を科された。

 さらに16年には、イスラム教徒とキリスト教徒を侮辱する動画を相次いで投稿したことで再び逮捕、6週間収監。翌年、政治的迫害を理由にアメリカへの亡命が認められた。

 そんな彼が、今度は小児性愛者擁護という暴論を吐くようになり、世間から大バッシングを受けている。

 彼は自身のTwitterで「僕は小児性愛者をネット上で公に擁護する」と宣言し、幼女の写真をアップ。小児性愛者は社会から非人道的な扱いを受けているとして「性的虐待は(相手の)年齢によって決められるものではなく、その関係が同意を得ているか否かで決められるべきである」と述べている。

 さらに「ほとんどの人は、12歳以下の子どもはセックスに同意するしないの判断などできない思っているが、ある42歳の男性は、“自分は10歳の時に30歳の女性とセックスをしたが、それがトラウマになったりはしていない”と言っている」「こういった関係は“完全に無害”だ」と主張。

 またYouTubeでは、「小児性愛者を差別するべきではないことを私は確信している。小児性愛者に対する我々の社会の扱いは、非人道的で、恐るべきことである。小児性愛者は非暴力的な性的魅力を子どもに感じているのであり、ほとんどの小児性愛者は児童虐待を望んでいない」と語っている。

 これが原因で現在、FacebookやTwitter、YouTubeの彼のアカウントはすべて閉鎖されている。

 政府批判は許されても、児童ポルノや小児性愛者に対しては非常に厳しく対処するアメリカで、小児性愛者を擁護する姿勢を崩さないエイモス・イーは、今後はどのような扱いをされていくのか? 非常に見ものである。

最終更新:2018/12/27 21:00

「ロリコンに人権を!」米国で声を上げた亡命ユーチューバーに大バッシングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真