日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 中国大企業の社長がフルヌードを公開

現代の裸の王様!? 自身の“フルヌード写真”を自社サイトで公開した中国大企業の社長

大自然を背景にフルチンでポーズを決める社長(澎湃新聞)

 成功者には変わり者が多いと言われるが、中国でもそれは同じようだ。今回、中国では大企業の社長が自らのわいせつな写真を会社のホームページに掲載し、中国で大変な騒ぎとなっている。

「澎湃新聞」(11月22日付)によると、河南省許昌市に籍を置くある企業のホームページに突然、600枚を超える男性の全裸を写した写真が掲載された。写真の男は全裸の状態で大自然を背景に、気持ち良さそうにさまざまなポーズを決めている。さらに写真の下には、このときの状況を説明したと思われる文章があり、「自然の中でこうしてる時だけが、自分が自分でいられるんだよね」と書かれていた。

 

植物で性器を隠し自然との一体感をアピールする社長

 なんと写真に写るこの全裸の男こそ、この会社の社長だというのだ。男が社長を務めるこの会社は、化粧品や家具、健康食品、雑貨など多岐にわたる商品の生産販売を手掛けており、1997年に設立され資本金2億元(約34億円)、社員7,000人を抱える大企業だったのだ。常軌を逸した社長の今回の行動について、この会社の社員はメディアの取材に、「今回騒動となっている写真の全裸の男性ですが、弊社の社長に間違いありません。今回のことは弊社内部の問題ですので、メディアなどにお答えすることは何もありません」と、騒動については認めつつも、それ以上の情報については固く口を閉ざしている。

 

フルチン写真を公開した社長の顔(百度百科)

 ちなみにいくつかの全裸写真には「めっちゃイケメン! かっこいい!」「本当の自分をさらけ出すのって最高だよね!」「太陽の下でこんな風に自分を表現できるのって本当にうらやましい!」など、称賛するコメントが寄せられているが、社員らによるヨイショであることは明白だろう。

 イエスマンの社員らに囲まれてこの社長は、その名の通り「裸の王様」になってしまったのだろうか。

 ちなみに社長に対しては、警察による捜査が行われる予定だという。
(文=青山大樹)

最終更新:2017/12/07 12:24
こんな記事も読まれています
関連キーワード

現代の裸の王様!? 自身の“フルヌード写真”を自社サイトで公開した中国大企業の社長のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真