日刊サイゾー トップ > 海外  > お医者さんごっこで処女膜断裂

7歳男児が「お医者さんごっこ」、同級生23名が処女膜断裂などの被害に! 低年齢化する中国の性犯罪

doct1.jpgイメージ画像

 性犯罪の低年齢化が問題となっている中国で、またまた社会を震撼させる問題が発生した。

 ニュースサイト「雲南網」によると7月6日、雲南省龍陵県の小学校就学前クラスで、7歳の男児3人が、複数の男女児童の性器や肛門に指や木の棒を入れるなどしてケガをさせていたことが明らになった。

 当初、学校側はこの事実を隠ぺいしようとしたが、高学年の児童たちから家族へ事情が伝わり、県の教育局が動く事態に発展した。その結果、男児13人、女児10人が被害に遭っていたことが判明。医師による診察の結果、4名の女児は陰部が炎症を起こしており、うち1名は処女膜が破れていることがわかった。

 加害児童のうち2人は、学級委員長と副委員長を務めており、それぞれクラスのリーダー的な存在であったようだ。彼らは、こうした行為を「お医者さんごっこ」と称していたというが、その内容たるや子どもらしさのかけらもない、非道なものだった。

 ある女児は、5月中旬から6月中旬の間に、8回にわたり被害に遭っていた。場所はすべて昼休みの教室内だったという。手口は、副委員長が女子児童の腕を押さえ、委員長が陰部への異物挿入などの暴行を行っていた。もう一人は見張り役で、さらに教室の外にはほかに4人の男子生徒が控えており、委員長ら3人が事を済ませた後、半ば強制的に暴行に参加させられたという。また、別の女児は毎週日曜日3回にわたって乱暴されたという。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed