日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > M-1最下位マヂカルラブリーに熱視線

『M-1』決勝最下位マヂカルラブリーのブレークを期待するバラエティー界 ゆにばーす川瀬の「痛さ」にも注目

 とろサーモンの優勝で幕を閉じた『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)。とろサーモンには番組出演オファーが殺到しているというが、その一方で意外と業界内評価が高いのが、最下位となってしまったマヂカルラブリーだという。

「芸人仲間の間では、結成当時から才能があるコンビとして、一目置かれる存在でした。クレイジーな雰囲気の野田クリスタルは天才肌ではありますが、素顔は常識人。メディアへの出演が増えれば、フリートークもいけるオールマイティー型の芸人になるといわれています」(放送作家)

 そんなマヂカルラブリーを起用したいと考えていたバラエティー番組のスタッフは、少なくなかったようだ。

「面白さは申し分なくても、知名度とバラエティー経験値が足りないということで、出演機会を逃していたようですね。でも、今回のM-1で上沼恵美子さんに酷評され、最下位になったことは、むしろ好材料だと思いますよ。バラエティーで彼らをイジる口実ができたわけで、かなり使いやすくなった。来年はブレークするかもしれないですね。どうしてもネタではボケの野田クリスタルのインパクトが大きいですが、実はツッコミの村上のほうが“クズ芸人”としていろいろイジるポイントが多い。そのあたりをバラエティーでピックアップできれば、かなり強いはずです」(同)

 バラエティー番組の“イジられ要員”として期待されるのは、マヂカルラブリーだけではない。今回のM-1グランプリで8位だった「ゆにばーす」のツッコミ担当・川瀬名人もその1人だという。

「ゆにばーすは、ボケのはらのほうがルックス的にも印象に残りますが、実は川瀬名人のほうがイジりがいがあります。川瀬は、とにかく“痛い”んですよ。ものすごくとがっていて自意識過剰。イジられると露骨に嫌な顔をしたりもする。でも、そういう芸人こそ、痛さをイジってもらえれば、かなり面白くなる。たとえば、コロコロチキチキペッパーズのナダルも同じタイプで、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でも思い切りイジられている。イジられ役としての川瀬はかなりのポテンシャルを秘めていると思います」(お笑い関係者)

 今年のM-1グランプリで、あまりインパクトを残すことができなかった「カミナリ」と「さや香」についてはどうだろうか?

「カミナリはすでに売れっ子ですし、このままいい感じでいくと思います。所属するグレープカンパニーも業界内では仕事がしやすい事務所として評判もいいですしね。さや香については、まだまだ未知数。しかも、現在は大阪に拠点を置いているので、すぐに売れるという感じでもないでしょう。大阪で売れる前に上京してしまったほうが、売れる可能性は高くなると思いますけどね」(同)

 勝者ばかりが賞レースではない。M-1グランプリ敗者たちの活躍に期待したい。

最終更新:2017/12/07 11:28
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真