日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > クレーンゲームでビキニ美女をget!?

クレーンゲームでビキニ美女をキャッチ!? 話題の“女体キャッチャー”が熱すぎる!!

ガラスの中のビキニ美女が、こちらを向いて微笑む。まるで飾り窓のよう

 日本発祥で、今や世界中に広まったクレーンゲームは、アジアでも大盛況だ。特に台湾での人気は高く、キャッチするのは一般的なぬいぐるみのみならず、さまざまな景品が開発されている。最近では生野菜を景品にしたケースが物珍しさから話題になったが、さらにその上を行く“変り種”も登場しているという。

「自由時報」(12月6日付)などによると、台南市のクレーンゲーム専門店では、ゲーム機内にぬいぐるみと一緒に、なんと生身の人間が入っているのだ。しかもそれがビキニ姿の女性だというのだから、クレーンゲーム好きならずとも見逃せない。

 この店は、62台のクレーンゲームを有する大型店。今月5日にオープンし、そのオープニングイベントとしてビキニ美女が投入されたのだ。4台の機内に、それぞれ1名ずつのビキニ美女が鎮座。奥側は鏡張りになっており、ビキニ娘のお尻もバッチリ見える。季節外れの大胆露出に、機械の前には長蛇の列ができていた。

奥は鏡張りになっており、ビキニ美女のお尻も丸見え

 その模様はインターネットでもライブ配信され、「女の子もキャッチしていいの?」「持ち帰っていいの?」「おっぱいだけでもつかませろ!」と、ネット民は大興奮。もちろん、実際にビキニ美女をキャッチすることはできないものの、彼女たちはプレイヤーを応援して盛り上げていた。

 男たちが盛り上がる一方で、「女性をモノとして見ている」との批判も噴出し、店の責任者がメディアを通じて謝罪する騒動にまで発展している。しかし“炎上商法”は成功し、同店のフェイスブック公式アカウントでは、オープニングイベントの動画再生回数が11万回を超えた。

 美女が客を水着姿でもてなす、こうした“ビキニ商法”は、洗車サービス、火鍋店、焼き肉店など、中華圏ではすっかり定番になっている。台湾の新たな名物として、ぜひとも継続してもらいたいものだが……。
(文=中山介石)

野菜が景品のクレーンゲームも話題となった
最終更新:2017/12/17 14:00
こんな記事も読まれています

クレーンゲームでビキニ美女をキャッチ!? 話題の“女体キャッチャー”が熱すぎる!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真