日刊サイゾー トップ > 海外  > クレーンゲームでビキニ美女をget!?

クレーンゲームでビキニ美女をキャッチ!? 話題の“女体キャッチャー”が熱すぎる!!

ガラスの中のビキニ美女が、こちらを向いて微笑む。まるで飾り窓のよう

 日本発祥で、今や世界中に広まったクレーンゲームは、アジアでも大盛況だ。特に台湾での人気は高く、キャッチするのは一般的なぬいぐるみのみならず、さまざまな景品が開発されている。最近では生野菜を景品にしたケースが物珍しさから話題になったが、さらにその上を行く“変り種”も登場しているという。

「自由時報」(12月6日付)などによると、台南市のクレーンゲーム専門店では、ゲーム機内にぬいぐるみと一緒に、なんと生身の人間が入っているのだ。しかもそれがビキニ姿の女性だというのだから、クレーンゲーム好きならずとも見逃せない。

 この店は、62台のクレーンゲームを有する大型店。今月5日にオープンし、そのオープニングイベントとしてビキニ美女が投入されたのだ。4台の機内に、それぞれ1名ずつのビキニ美女が鎮座。奥側は鏡張りになっており、ビキニ娘のお尻もバッチリ見える。季節外れの大胆露出に、機械の前には長蛇の列ができていた。

奥は鏡張りになっており、ビキニ美女のお尻も丸見え

 その模様はインターネットでもライブ配信され、「女の子もキャッチしていいの?」「持ち帰っていいの?」「おっぱいだけでもつかませろ!」と、ネット民は大興奮。もちろん、実際にビキニ美女をキャッチすることはできないものの、彼女たちはプレイヤーを応援して盛り上げていた。

 男たちが盛り上がる一方で、「女性をモノとして見ている」との批判も噴出し、店の責任者がメディアを通じて謝罪する騒動にまで発展している。しかし“炎上商法”は成功し、同店のフェイスブック公式アカウントでは、オープニングイベントの動画再生回数が11万回を超えた。

 美女が客を水着姿でもてなす、こうした“ビキニ商法”は、洗車サービス、火鍋店、焼き肉店など、中華圏ではすっかり定番になっている。台湾の新たな名物として、ぜひとも継続してもらいたいものだが……。
(文=中山介石)

野菜が景品のクレーンゲームも話題となった
最終更新:2017/12/17 14:00

クレーンゲームでビキニ美女をキャッチ!? 話題の“女体キャッチャー”が熱すぎる!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真