イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

瓜田純士『ゴッドカウンセラー』って!?

自らを神と名乗る瓜田純士(39)が、 YouTu...…
写真

ドラマレビュー

錦戸亮『トレース』は“胸キュン”ドラマ!?

 2019年1発目の月9ドラマ、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が1月7日...…
写真


 >  >   > 胸を揉める“催乳師”の適性は男性に!?

おっぱい揉みまくってお金がもらえる! 夢の職業“催乳師”の適性は男性にあり!?

患者に施術について説明する楊徳軍さん

 人口抑制政策のために1979年からおよそ36年間にわたって実施されてきた「一人っ子政策」が2015年に廃止され、どの夫婦も2人目の子どもをつくることができるようになった中国。

 これにより出産ブームが始まるかと思いきや、日本と同様、育児の手間や教育費の問題などから2人目をつくることを望まない夫婦も多いようで、中国当局が思っていたほどには、出産率が上がっていないとされている。

 いわゆる“二人っ子政策”の開始による出産ブームを当て込んだ職業の一つに「催乳師」というものがある。これは、子どもを産んだばかりの女性のおっぱいにマッサージを施して母乳の出を良くする職業で、専門の訓練を受けた後に催乳師としての公的資格を得てから施術ができる仕組みになっている。

 中国版ネット百科事典サイト「百度百科」の説明によると、中国では毎年2,000万人もの子どもが生まれており、母乳の出が悪いことに悩んでいる新米ママは8割以上にも及んでいるという。そのため催乳師は中国全土で120万人以上が必要とされているが、実際の人数はまったく足りていない状況だという。

 つまり、2人目開放による出産ブームは始まっていないものの、催乳師の需要のほうは高まっているのが実情なのだ。

 

中国の催乳師の資格には、初級、中級、高級、指導員という4つの種類がある

 この催乳師、女性のおっぱいを揉むのが仕事なだけに、そのほとんどが女性。だが、数はごく少数なものの、中には男性の催乳師もいるのだという。その一人が、河南省出身の30代の男性・楊徳軍(よう・とくぐん)さんである。

 楊さんはかつては理容師をしていたが、仕事のプレッシャーや要求がきつかったために嫌気がさし、自分らしい生き方を実現する仕事を探す中で、催乳師という職業を見つけたのだという。

 家族やガールフレンドの反対を受けながらも職業学校で催乳師としての訓練を受けた楊さんだったが、女性の生徒たちはペアになってお互いの体で練習していたが、自分はそれをすることができず、2人の中年女性が練習台になってくれたという。

12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

おっぱい揉みまくってお金がもらえる! 夢の職業“催乳師”の適性は男性にあり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲